剣八流 ネットビジネスのすすめ

玉石混淆のネットビジネス業界の正しい歩き方をレビューとともに解説していきます

記事一覧

2017-01-18 その他ネタ
剣八です。すでにご存知の方もいるかもしれませんが、旅行を商材としたネットワークビジネス「リゾネット」で、旅行等会員権の連鎖販売取引とみなされた事業者に対し、3ヶ月の業務停止命令が出ました。リゾネットリゾネットとは?リゾネットとは旅行のパッケージや交通チケット、スポーツクラブ、レジャー施設などを安く利用できるというサービスです。入会のコースとしては2種類あり、リゾネットの基本サービスのみを利用するエコ...

記事を読む

2017-01-16 投資系
剣八です。最近はAIという言葉をよく耳にするようになりましたが、AIとは人口知能のことですね。人工知能とは、コンピューター上で人間と同じ知能を実現した技術です。近年はその人工知能の発達により自動化が進んできていますが、少し前にも将棋界で将棋ソフトを不正に利用したとして話題になりましたよね。参考情報http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/26/news125.htmlそんな人工知能の技術を搭載したというシステムが...

記事を読む

2017-01-13 投資系
剣八です。昨日ロンブーの敦さんが仮想通貨の販売の広告塔として、自身の名前が使われたとニュースで取り上げられていましたが、仮想通貨もあの手この手を使い販売されているようですね。参考ページhttp://news.livedoor.com/article/detail/12531959/http://www.asagei.com/excerpt/73374出稿されていたのはFacebook広告ですが、広告出稿者は海外サーバーを使用していたため日本の法律は通用しないというところです。そうなると手...

記事を読む

旅行系ネットワークビジネス「リゾネット」で一部業務停止命令が。

剣八です。



すでにご存知の方もいるかもしれませんが、

旅行を商材としたネットワークビジネス

「リゾネット」で、旅行等会員権の

連鎖販売取引とみなされた事業者に対し、

3ヶ月の業務停止命令が出ました。



リゾネット

リゾネット





リゾネットとは?




リゾネットとは

旅行のパッケージや交通チケット、スポーツクラブ、

レジャー施設などを安く利用できる

というサービスです。



入会のコースとしては2種類あり、

リゾネットの基本サービスのみを利用する

エコノミークラスと、

リゾネットを紹介し報酬得る

ビジネスコースが用意されています。



このビジネスコースがいわゆる、

ネットワークビジネスと言われているものですね。



今回の業務停止命令については、

そのビジネスコースの会員に問題があったようです。



業務停止命令になった理由




今回リゾネットの勧誘で

業務停止命令をくらった事業者は、

特定商取引法の規制対象となる「連鎖販売取引」

とみなされる行為があったからです。



特商法では

「連鎖販売業」を以下のように規定しています。




1.物品の販売(または役務の提供など)の事業であっ 
 て

2.再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または   
 役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を

3.特定利益が得られると誘引し

4.特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む。)
 をするもの



リゾネットの勧誘はこの規定に該当し、

さらにはその業態の中で特商法に触れる

不適正な取引行為があったと。



具体的には以下の通りです。



・第33条の2 名称・勧誘目的等の不明示
          
当該事業者の勧誘者は、「今度よかったらお茶しませんか。」
「会って話をしませんか。」などと告げて、
喫茶店等に呼び出して勧誘を行っており、勧誘に先立って、
統括者の名称、
特定負担を伴う取引についての契約締結について
勧誘をする目的である旨及び本件商品の種類を明らかにしていなかった。

・第34条第1項第5号 不実告知

当該事業者の勧誘者は、
当該事業者が会員数に上限を定めていないにもかかわらず、
「会員サービスの上限は10万人と決めている。
 おそらく年内もしくは来年に10万人を超えてしまう。
 早く登録した方がいい。」
「会員サービスの上限は決まっており、
 10万人超えたら登録できなくなる。
 すぐに10万人を超えてしまう。」
などと、相手方の判断に影響を及ぼすこととなる
重要なものについて不実を告げていた。

・第38条第1項第3号 迷惑勧誘

当該事業者の勧誘者は、当該事業者の事務所内で
3時間以上の長時間にわたる説明会を行い、
連鎖販売契約を締結しない旨の意思を
表示している消費者に対し、
執拗に勧誘するなど連鎖販売契約の締結について
迷惑を覚えさせるような仕方で勧誘していた。

引用元
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/torihiki/shobun/shobun170117.html




今回は上記の法により規制がかかったようですが、

連鎖販売取引の規制については

他にも法律で定められているため、

以下参考にして頂ければと思います。



連鎖販売取引について
http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204009.html#sale-part2-five



リゾネットの評判とは?儲かるのか、得をするのか。




まずこうしたネットワークビジネスの評判を

最も手っ取り早く知る方法は、

検索エンジンを使うことです。


リゾネット1


実際にリゾネットと入力し

スペースを入れてみると、

「退会、クーリングオフ」

といったワードが出てきます。



これは退会やクーリングオフといった言葉が

よく検索されているからです。



このことからも、

実際にリゾネットの勧誘を受け

入会した多くの方が、退会やクーリングオフを

希望していることがわかります。




こうしたキーワードが出てくるということは、

リゾネットへの入会はメリットよりもデメリットが

多いということですね。



リゾネットの会員になるには、

登録に2万6260円、月会費で1万800円、

年間にすると15万5860円かかります。



これに加え、

リゾート会員権の販売で報酬を得る

ビジネスクラスについては、

別途ビジネス登録料として

9万9750円の負担があるため、

初年度には約26万円の費用負担があります。
(2016年7月時点の会費です)



ちなみに、

この会員費の元を取ろうと思えば、

1年に数十回以上の旅行に行く必要がある

ということです。(リゾネット社員いわく)



たしかに1回の旅行パックを

1万円安く購入できたとしても、

初年度は26回の旅行に行かなければ

元は取れませんからね。



そう考えると、

ある程度自由がある人で、なおかつ1年で何度も

旅行へ行く資金がなければ現実的ではないかと。



となるれば、

結局勧誘にて稼ぐことがメインになって

しまいますよね。



しかし、

今回問題となった、


「特定負担を伴う取引についての契約締結について
 勧誘をする目的である旨及び本件商品の種類を
 明らかにしない」


という手段は取れないので、勧誘も難しくなるはずです。



長時間の説明会等も

不適正な取引行為にあたりますから、

今後リゾネットの勧誘で稼ぐことは厳しくでしょう。



ネットワークビジネスが続かない理由




ネットワークビジネスが続かないのは、

サービスよりも儲けることを優先している

からです。



ネットワークビジネスでは商品よりも、

儲けることを優先する者ばかり目立つことと、

仕組み上自分よりも先に入った者が儲かるので

退会者が出てきます。



入会したは良いが


・実際に得られるものがない

・勧誘をしなければ稼げない、

・自分の必要としている商品ではない


となれば退会するのも当然でしょう。



もちろんこの商品が良いですよ

と勧誘してくる者もいるとは思いますが、

それは表面上の話であって、

実際には儲けることを考えて

勧誘している者がほとんどです。



報酬プランの説明を怠れば、

今回のケースのように業務停止をくらいますからね。



こうした勧誘は最近増えてきている

仮想通貨の販売でも似たようなことが言えますが、

仮想通貨も儲け話を優先して販売する者が

非常に多いです。



その通貨が

まだ現実的に使用されていないにも関わらず、

ただただ「儲かる」と言って

販売している業者もいます。



仮想通貨も結局は

購入しても使えなければ紙屑同然ですし、

持っているだけで儲かるわけではありません。



ではこのような勧誘、販売等に引っかからないためには、

どうすれば良いのか?



それは、自分から儲け話をしてくる者に近寄らないことです。



「月収うん百万稼いでいます、その秘密を知りたくありませんか?」

「私の言う通りにするだけで簡単に稼ぐことができます。」

「あなたには一切のリスクがなく、○○をするだけで大金を稼げます。」



というように、

自ら進んで儲け話をして来る者は、

たいてい自分が儲けるために近づいて来きます。



ネットビジネス界でも、

ツイッター、Facebook、LINEなどのSNSを使った

勧誘は多いですが、自らダイレクトメッセージを

送ってくるパターンが多いですよね。



ネットワークビジネスの勧誘でも

これと同じようなことがあると思います。



ですので、

ネットワークビジネスにしろ、

ネットビジネスにしろ、

自らアプローチをして勧誘をしてくる者には

気を付けてくださいね。



剣八でした。



 カテゴリ
 タグ
None

【購入注意!?】AI搭載型FX自動売買システム TrendTiger(トレンドタイガー)

  •  投稿日:2017-01-16
  •  カテゴリ:投資系
剣八です。



最近はAIという言葉を

よく耳にするようになりましたが、

AIとは人口知能のことですね。



人工知能とは、コンピューター上で

人間と同じ知能を実現した技術です。



近年はその人工知能の発達により

自動化が進んできていますが、

少し前にも将棋界で将棋ソフトを

不正に利用したとして話題になりましたよね。



参考情報
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/26/news125.html



そんな人工知能の技術を搭載したというシステムが、

投資関連でもちらほらと出てきているようです。



そのうちの1つがこちら

トレンドタイガー

AI搭載型FX自動売買システムTrend Tiger




特定商取引法に基づく表示

サイト名 FXの学校ならあおのり学校

サイト運営者 株式会社あおのり学校

販売事業者 饗庭道孝

所在地 東京都中央区銀座7-13-5 NREG銀座ビル1F



AI搭載型FX自動売買システムTrend Tigerは、

その名の通りFX自動売買システムになりますが、

自動売買取引はエントリーから決済まで

すべてをシステムに任せて行う取引になります。



一般的にエントリーや決済のポイントを

自らの判断で決める取引を裁量取引と言いますが、

トレンドタイガーではその必要がないということですね。



実際にトレンドタイガーを使えば、

価格変動に応じた10段階のエントリーポイントを

AIで自動判別し、最適なエントリーを行うことが

できると言われています。



ロジックとしてはトレンドがメインになります。



たしかに最近は

AIを使って自動売買取引を行う者も

多くなっているようですが、

システムトレードで気になるのは

誰が使用しても同じように成果が出る

というところですよね。


トレンドタイガー1


今回トレンドタイガーを開発したのは

Halu先生こと藤村拓海さんですが、

プロフィールを見る限りは

優秀な成績をお持ちのようです。


トレンドタイガー2


トレンドタイガーのロジックでも

7年間収益を上げてきたということなので

期待を持ちますが、

実際にAIロボットの研究開発を始めたのは

昨年2016年になります。



正直なところ、これではまだ試用期間が浅い

と言えるのでではないでしょうか。


トレンドタイガー3


ただ、

販売ページには

体験者からの口コミが書かれていて、

数週間ですぐに20万円近くも利益が出た

という喜びの声もあります。



しかし、

トレンドタイガーを体験して

喜びをつづっている文の横にある

人物画像を見てみると、

他のサイトでも使われている素材でした。




トレンドタイガー5
販売ページ

トレンドタイガー4
別サイト
https://jp.fotolia.com/Search/Category/742



トレンドタイガー7
販売ページ

トレンドタイガー6
別サイト
https://dd-love.net/page/6/



トレンドタイガー9
販売ページ

トレンドタイガー8
別サイト
https://electrictoolboy.com/buy/



このように並べてみると一目瞭然ですが、

トレンドタイガーの販売ページではあたかも

画像の人物が稼いだかのように見えます。



これがまだ

「画像はイメージです。」

のような表記があるならわかりますが、

これでは明らかにこの人物が稼いだと

偽造しているようにしか見えません。



そうなるとHalu先生の経歴や実績もどうなの?

と思ってしまいますよね。



ちなみに、

今回トレンドタイガーの開発に協力している

「あおのり学校」ですが、

こちらも評判としてはあまりよろしくありません。




あおのり学校では特別講師の

あおのり先生と呼ばれる方をメインに、

FXの通信教育を行っているようですが、

そのあおのり先生の評判が以下の通りです。



ここから

↓↓

・あおのりは、予想もはずすが、数字も間違える
 上に行ったら投資しないと円資産がなくなり貧乏   
 になるぞと言い、 下に行ったら、欲張るからだ。
 私は売り切りましたと言う自分本位なあおのり


・メルマガ登録してみ
 これでもかって位、不安煽ってくるぞ


・デモトレしかして無い業者さんはでかい顔しない  
 でもらいたい


・プレミアムに昔入会していたけど、
 今考えるとおすすめ出来るところじゃない。
 送られてくる動画に間違いや未送信とかあったし。
 しかも旧会員向けとかに電話とかメールで再入会  
 の案内とか来たし。
 辞めた会員の情報は削除しろよって思った。


・あおのり、月曜、火曜、またはずれた。
 相変わらず下手。これで勝率90%と書いているから。


引用元
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/livemarket2/1403519289/l50



上記の口コミを見て頂いてもわかる通り、

販売元となるあおのり学校の評判も

そう良いと言えるようなものではありません。



http://aonorifx.com/

あおのり学校のホームページを見れば

一見クリーンな会社にも見えますが、

それ相応の評判もないため慎重に検討した方が

良さそうです。



トレンドタイガーもAIが搭載されていて

魅力的ではありますが、

体験者の画像には素材が使われていて、

販売元の評判も良くはないため、

その実績は信憑性に欠けるというところです。




まだAIにこだわらなくても

実際にFXで稼ぐ手段はいくらでもありますから、

気になる方は参考までに以下のページにある商材も

拝見してみてください。



投資で稼ぐならこちら



ちなみに、

仮にトレンドタイガーが稼げる優良商材だとしても、

AIを利用して誰もが同じ取引を行うと

相場のバランスが崩れます。



相場は需要と供給のバランスによって決まり、

負ける人がいるからこそ、勝つ人がいます。



負けた人のお金が勝った人と取引会社へ

流れる仕組みになっていますからね。



このことからも、

誰もが同じ取引方法で勝てば

需要と供給のバランスが取れなくなり、

稼げなくなってしまうことがわかるでしょうか。



まだ相場のバランスを保つために、

このシステムを

人数限定で販売するならわかりますが、

今のところはそんな感じでもないので

リスクがあると言えるでしょう。



もし本当にAIが搭載され、誰もが稼げると言うなら

わざわざ広告費をかけてまで

広範囲に渡るセールスはしないはずです。



なぜなら、自分の首を絞めることにもなるので。



という面から見ても、

AI搭載のトレンドタイガーは

あまりオススメできるものではありません。






泉忠司 6000兆プロジェクトのノアコインとは?

  •  投稿日:2017-01-13
  •  カテゴリ:投資系
剣八です。



昨日ロンブーの敦さんが仮想通貨の販売の

広告塔として、自身の名前が使われたと

ニュースで取り上げられていましたが、

仮想通貨もあの手この手を使い販売されているようですね。



参考ページ
http://news.livedoor.com/article/detail/12531959/
http://www.asagei.com/excerpt/73374



出稿されていたのはFacebook広告ですが、

広告出稿者は海外サーバーを使用していたため

日本の法律は通用しないというところです。



そうなると手がつけられません。



このように、最近は芸能人の名を利用した

悪質な広告も増えているので気を付けてくださいね。



で、

今回取り上げるのはこちらのオファー

泉忠司

泉忠司 6000兆プロジェクト




特定商取引法に基づく表示

販売業者

NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.

代表責任者名

Marlo S. Padua

所在地

10/F NET LIMA BUILDING, 5TH AVE. COR.
26TH ST., BRGY. FORT BONIFACIO, TAGUIG CITY



このオファーの内容は今業界内でも流行っている

「仮想通貨」についてですが、

その仮想通貨を奨めるのは

業界随一の頭のキレる泉忠司さんです。


泉忠司2


このオファー、

まず特商法を見て頂ければわかりますが、

販売業者が海外なので

万が一何か問題があったとしても、

クレームや返金はできないものだと思っていてください。


泉忠司3


また、

動画では1円も受け取ることはない

とおっしゃっていますが、仮想通貨の販売となると

お金を受け取らないことはありません。



まぁ一般的な高額塾の販売ではなく、

仮想通貨への投資と

言ってしまえばそれまでですが、

その仮想通貨を実際にセールスするのは泉さんで、

そこで出た利益は受け取るはずです。



そもそもこうした無料オファーには、

動画やLPの制作費、集客のための広告費も

かかるため、

まずお金を受け取らずにやるというような

バカけたことはありません。



頭のキレる泉さんだけに、

自身がわざわざ動画に出演してしゃべり

タダ働きをするようなことは、

なおさら考えられないです。


泉忠司1


そんな泉さんが今回公開する稼ぎ方は、

3歳から90歳までの全員が

作業を1秒もしないで確実に稼げる

100年に1度の稼ぎ方


とまで謳っています。



しかし、

お金を持っておらず、

なおかつまだ何も知らない3歳児が、

仮想通貨を購入して稼いだと言えるのでしょうか?



「3歳児の親が購入した。」



それを稼いだとカウントするのであれば

また話は変わりますが、

果たして3歳児が実際に自分のお金で

購入して稼いだと言うことができるのか?



もしそういう発想で

このようなうたい文句を言っているのなら、

これはあまりにも幼稚な考えではないでしょうか。



できることならその3歳児を見てみたいものです。



若者でも稼げると言うならまだわかりますが、

もう少し現実味のある年齢にするべきですよね。



で、

今回販売される仮想通貨ですが、

特商法に記載されてあるホームページを見てみても

http://noahcoin.org/

「ノアコイン」

と呼ばれる通貨の販売になると思います。



ノアコインとは、

今後経済成長が進むと言われている

フィリピンを支援することをコンセプトにした

仮想通貨です。




具体的には、

国外へ出稼ぎに出ているフィリピン人が、

国内に残っている家族へ

稼いだお金を送金する際にかかる手数料を

軽減するというものになります。



泉忠司4

https://noahcoin.co/lp



すでに公開されている

ノアコインの販売ページにも書かれていますが、

その送金手数料は

年間3500億円かかっているということです。



たしかにこれだとかなりの無駄なコストが

かかっていますよね。



この手数料は、送金をする際に

銀行などの金融機関が仲介することにより

発生するため仕方ありませんが、

http://hironinja.jp/blog-entry-740.html

先日上記の記事でも書いた通り、

仮想通貨には国際送金の手数料を抑える

メリットがあります。



ですので、

このプロジェクトではノアコインを使って

国際送金の手数料を軽減し、

フィリピンへ出稼ぎで得たお金を還元する

ということですね。



今回のプロジェクトでは、

そのノアコインを購入して稼ごう

ということなのでしょうが、

「ノアコインを所持していれば必ず稼げる」

というわけではありません。



ノアコインのような仮想通貨で稼ぐためには、

仮想通貨の価格が購入したときよりも上がる

必要がありますよね。



仮想通貨の価格が上昇するには、

ビットコインなどのメジャーな通貨のように

需要があることが必須です。



仮想通貨の価格は、

野菜の価格が上がることと同様に

需要と供給のバランスによって決まります。



野菜の価格が高騰するのは、

野菜が欲しいという需要が多くあり、

その野菜の供給が少ない場合に

高騰しますよね。



仮想通貨もこれと同様で、

需要が多くあることを前提に

どのくらいの供給があるかによって

価格が決まってきます。



そこでノアコインの場合は、

その需要を増やすために

国際送金の手数料を軽減する

というコンセプトでやっているわけですね。



だからこそ泉さんも、

需要はあるので問題ないから

今のうちに絶対に買っておいた方が良い

と言うのです。



つまり、

現時点でノアコインを購入する者は、

後々フィリピン人へノアコインを売ることにより

利益を得るということになります。




「なるほど、これなら確実に稼げそうだな。」



そう思った方はいるでしょうか?



もしそういう考えを持ったという方は危険です。



なぜなら、

本当にノアコインに需要があるかは

確実ではないからです。




仮にノアコインをフィリピン人へ売り、

それでフィリピン人が送金したとしましょう。



そのノアコインで送金はできるかもしれませんが、

一体どこで使えるのでしょうか?



食材、日用品、外食、公共料金、海外旅行

などの場面で、

価値があるかどうかもわからない

未知のノアコインを受け入れる店舗が

あるでしょうか?



ビットコインのように日常生活の中で

ある程度使えるようになってきているなら

まだ需要は出てくるかと思いますが、

送金がメインで日常生活で不自由なく使えない

ということであれば、

当然ながらノアコインを購入する

フィリピン人はいないでしょう。



このことからも、

一見国際送金においてフィリピンへの還元を行う

というコンセプトは良く見えますが、

そのコインの本質は実際に日常生活レベルで

使えるどうかというところにあることがわかります。




また、

仮にそれらの問題をクリアしたとしても、

コインの流動性が上がり価格が上昇すれば

返ってノアコインを使って国際送金を行う方が、

お金がかかるということも考えられます。



そうなるとノアコインを購入する者も

いなくなりますよね。



ノアコインにビットコインのような

世界レベルでの広がりが

あるならまだ良いと思いますが、

現状はフィリピン人を対象とし、

1つの国でしか流動しないことを考えれば

まだまだ購入のリスクはあると言えるでしょう。



結局仮想通貨も作った本人、販売している側が

最もリスクなく利益を得ることができるため、

その辺りもよく考えた上で手を出すかどうかを

選択すべきだと思います。



私の場合は、

そもそも仮想通貨を儲けのために購入する時点で

ダメだと思いますが。



その儲けるということをメインに

仮想通貨を販売してくる業者には、

気を付けた方が良いでしょう。



ちなみに、

私の場合は価格が上がるかどうかもわからない

仮想通貨に投資をするよりは、

現実的な投資を行った方が良いと思います。



投資で稼ぐならこちら






Copyright © 剣八流 ネットビジネスのすすめ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます