カテゴリ:ビジネス系

ビジネス系のカテゴリ記事一覧。玉石混淆のネットビジネス業界の正しい歩き方をレビューとともに解説していきます

ビジネス系
「ワークスタイル」に潜入してみた剣八です。先日取り上げた、ゴルフなのにネットビジネスで被害報告があった「林ゴルフメソッド」の実態が見えてきたのでまとめます。ワークスタイル特定商取引法に基づく表示販売会社:株式会社リアルホームページURL:http://real-inc.co.jp代表責任者:渡邉 毅所在地:〒108-0023 東京都港区芝浦3-14-19-6Fまず林ゴルフメソッドというゴルフ商材がネットビジネスと結びついている経緯ですが、そ...

記事を読む

ビジネス系
追記はこちら剣八です。アフィリエイト、転売、FX、株、仮想通貨・・・のどれでもない世界初の稼ぎ方が出てきたので紹介します。その稼ぎ方が公開されるオファーがこちら森下博 カタログビジネス特定商取引法に基づく表示販売会社 合同会社アレグロ販売責任者 長岡孝汰まずこのオファーの仕掛け人については、今回動画の中でインタビュアーを務めている野呂田直樹さんになります。このオファーを公開する前には野呂田さん主催で...

記事を読む

ビジネス系
剣八です。2017年のスタートダッシュを切るために年末年始問わず続々とオファーが行われていますが、その中でも気になったのが岡芹史郎さんのこちらのオファー岡芹史郎 ゼリオカくん特定商取引法に基づく表示運営者 ゼリオカくん運営事務局まず今回このキャンペーンを主催している人物は、岡芹史郎さんです。岡芹さんと言えば2015年にオンラインビジネスアカデミー(OBA)と言うスクールを展開し、数多くの教え子がいたことが記憶...

記事を読む

ビジネス系
剣八です。12月5日より始まったパンダ渡辺こと渡辺雅典さんと蝶乃舞こと高嶋美里さんのキャンペーンから、「Dreamersアカデミー」の販売が始まりましたね。Dreamersアカデミー特定商取引法に基づく表示販売社名 株式会社スペースアイ運営統括責任者 TOGAWA YUKI所在地 東京都豊島区高田3-33-6-10310億円の財産分与を行うと言って始まったこのプロジェクトですが、結局財産分与とはお金ではなく、サイトを構築するためのシステム...

記事を読む

ビジネス系
剣八です。肺がんと噂されていたネットビジネス業界のゆるキャラ、パンダ渡辺こと渡辺雅典さんが、人生最後の大きなプロジェクトを行うようです。そのオファーがこちら渡辺雅典×蝶乃舞 Dreamersプロジェクト特定商取引法に基づく表示記載なしあと少しだけ・・・残された時間の中で一人でも多くの人の夢をを叶えたい。先月から噂を耳にしていましたが、現在渡辺雅典さんは肺がんのステージ4と告げられ療養中とのことです。ネット上...

記事を読む

熊本賢介のワークスタイルには気を付けろ。

「ワークスタイル」に潜入してみた



剣八です。



先日取り上げた、

ゴルフなのにネットビジネスで被害報告があった

「林ゴルフメソッド」

の実態が見えてきたのでまとめます。



ワークスタイル

ワークスタイル




特定商取引法に基づく表示

販売会社:株式会社リアル

ホームページURL:http://real-inc.co.jp

代表責任者:渡邉 毅

所在地:〒108-0023 東京都港区芝浦3-14-19-6F




まず林ゴルフメソッドというゴルフ商材が

ネットビジネスと結びついている経緯ですが、

その入り口は上記の

「ワークスタイル」

というオファーになります。



そのLPを見てみると、

新しい副業スタイル、世界共通ビジネス、

これからも進化していくなど、

副業で稼ぎたいと思う者を募るような

ワードが並べられています。


ワークスタイル2


LPの中には

稼ログ総合評価4.7をたたき出したと、

某有名飲食系口コミサイトのパロディもありますが、

稼ログなんて口コミサイト

見たことないですよね(笑)



実際に「稼ログ」と検索してみてもわかりますが。



この時点で熊本賢介という人物が、

適当なことをやっていると

くみ取らないといけませんね。



で、

実際にオファーに登録してみると、

稼ログにも載っていた熊本賢介という人物が、

タイで密着取材を受ける動画が

用意されています。





動画の中では熊本さんが

「金銭に執着せず、人に稼ぐ術を教えている」

と言うように、

中身もできていて、ビジネスでも成功している

人物に仕立て上げられています。



しかし、

実際には動画で紹介されている人物とは

ほど遠い人物像なのです。



その理由は、今から説明していく

ワークスタイルの実態を見て頂ければ

わかると思います。


ワークスタイル3

http://work-real.net/thanks/


まずこちらのページには、

ワークスタイルへ参加できるかどうかの

当選発表が、3日後の12時にメールで届くと

書かれていますが、

実際に当選すると2万円で

ワークスタイルへ参加できるようになります。



参加費用は2万円と、

高額塾に比べれば

まだ損しても耐えられるレベルなので、

気を抜いて参加した方も多いのではないでしょうか。



そして、

その参加費2万円を支払うと

マニュアルと思われる

PDFファイルが届くのですが、

そこには熊本さんのあいさつやプロフィール、

ワークスタイルの内容が

簡単に書かれています。



さらに続けて、

ワークスタイルを実践するための

サポートを受けるために、

1度電話するにと指示が書いてあるのです。




実際にPDFに記載されてある番号に

電話をかけると、動画に出ていた

熊本さんが出るようですね。



そこから

ワークスタイルに関する話になるのですが、

その内容は自動ツールを使って

オンラインゴルフスクールをオススメする

というものになります。



そのオンラインゴルフスクールが

「林ゴルフメソッド」の正体だったわけですね。



しかし、

この林ゴルフメソッドを紹介していくには、

自分自身が林ゴルフメソッドへ入会する必要があり、

入会時にはコースを選択しなければなりません。




そのコースは

http://bbs-homework.com/One_Viwe.php?i=104

こちらのサイトでまとめられているように、

2万円の1日トライアルコースから

100万円の60日間コースまで全部で7つ存在し、

どうやら入会するコースによって

紹介報酬のパーセンテージが変わるみたいです。



2万円コースで最低1%、100万円コースで最大90%

というように。



もちろん稼ぎたいと思う気持ちが強いほど、

パーセンテージの高いものを選ぶでしょう。



人間の心理を逆手に取っていて、

欲をかけばかくほど泥沼にハマる

という感じですね。



では実際にどのような方法で、

この林ゴルフメソッドを

紹介していくのでしょうか?



それは「ライブドアブログ」を使って集客し、

入会者を募集するという形になります。



林ゴルフメソッドへ入会し

紹介権利を得ると、

紹介コードが割り当てられます。



そのコードを経由して入会してもらえば

報酬を得られるという仕組みですね。



しかし、

そもそもゴルフを上達したいと思う者に

その紹介コードから入会するメリットがないため、

ぶっちゃけゴルフに興味を持った

見込み客を集めても意味がありません。




また、

見込み客を集めるにしても、

熊本さんが教える

ライブドアブログを使った集客方法は

お粗末なものなので、稼ぐことは厳しいでしょう。



実際に「林ゴルフメソッド」と検索すると


http://blog.livedoor.jp/napott9999299/archives/10692787.html

http://blog.livedoor.jp/maedashinku/archives/10430563.html


それらしきブログが出てきますが、

全くと言って良いほど

ブログの運営ノウハウが見られず、

素人が運営するレベルのブログです。



動画では熊本さんは

「稼ぐ術を教えている」

と紹介されていましたが、上記のブログのどこに

その稼ぐ術が使われているのでしょうか?



「お金にも執着がない」

と言っていましたが、

この林ゴルフメソッドの紹介で

最も稼いでいるのは熊本さんでは?




それも余計に2万円取っているわけですから、

紹介料+2万円の報酬を受け取れますよね。



おそらく、

林ゴルフメソッドの販売者とも

個別に契約を結んでいるはずですし。



ちなみに、

ワークスタイルの販売業者

「株式会社リアル」と

林ゴルフメソッドの販売業者

「株式会社スイング」は、

共に金融機関からも連絡が取れないような状態で

どうやら逃げ回っているようですね。



このことからも、

林ゴルフメソッドの販売業者である

株式会社スイングも、

グルであることがわかります。



ワークスタイル4


ひとまず、

LPには「後払い制度」などという文言が

書かれていましたが、

上記の仕組み上からも

これも嘘だということがわかるで

気を付けてくださいね。



ちなみに、

ブログを使った集客方法、稼ぎ方を

本格的に学びたいと言う方は、

http://hironinja.jp/blog-entry-730.html

こちらの企画へ参加して頂ければと思います。



※追記※



株式会社リアルの代表は

特商法には「渡邊毅」と記載されていますが、

申込書の利用規約には「渡部剛」

と記載されてあり、

どちらかが偽名であることが考えられます。



また、

申込書には、


第18条(返金・返品について)
1.入会金、利用料金等の料金の払い戻し等は一切行いません。
2.本サービスの提供はクーリングオフの適用対象外であり、
 利用者はクーリングオフができないことを承知して
 本サービスに申し込みます。


と書かれてありますが、

実際にはこれは通信販売ではなく

電話勧誘ですよね。



これがもし電話勧誘になるとすれば、

http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204011.html

業務提供誘引販売取引の禁止行為に当たる

可能性があるかもしれません。



この辺りについては、

弁護士、行政書士、消費者センターで

契約までの経緯を細かく伝え、

1度相談してみるのが良いかと思います。



ちなみに、

今回のワークスタイルの勧誘形式についてですが、

http://hironinja.jp/blog-entry-584.html

以前取り上げたこちらのノマドワーカーと

そっくりです(笑)



こうしたオファーは、

はじめにこれを売れば稼げるという商品を用意し、

副業関連のオファーで人を集める。



続いて、

電話番号を記載したPDFを送り連絡させ、

その場で直接電話勧誘を行う。



あとは簡単に稼げるというような

甘いうたい文句などで誘い込み、

契約解除ができないように作り込んだ

契約書にサインさせ、

指定の商品を購入させるという流れです。



こうした勧誘方法は

売る商品がシャンプーやTシャツ

だったと昔から行われていますが、

これまでにも多くの被害が出ていて

今後も商品を変えて行われることは

考えられるので、

気を付けて頂ければと思います。






森下博のカタログビジネスの正体は?

  • 追記はこちら




  • 剣八です。



    アフィリエイト、転売、FX、株、仮想通貨・・・

    のどれでもない世界初の稼ぎ方が出てきたので

    紹介します。



    その稼ぎ方が公開されるオファーがこちら

    カタログビジネス

    森下博 カタログビジネス




    特定商取引法に基づく表示

    販売会社 合同会社アレグロ

    販売責任者 長岡孝汰




    まずこのオファーの仕掛け人については、

    今回動画の中でインタビュアーを務めている

    野呂田直樹さんになります。


    カタログビジネス2


    このオファーを公開する前には

    野呂田さん主催でパーティーも行われていて、

    こうした無料オファーの主催者が

    パーティーを開くのは、

    キャンペーンが始まってから多くの方に

    自分の手がけたオファーを紹介してもらうためです。



    もちろんパーティーを開くのもタダではないので

    それなりの経費を負担しなければなりませんが、

    主催者側としてはそれ以上の見返りがある

    ということですね。



    こうしたパーティーも開催されて始まった

    今回のカタログビジネスのオファーですが、

    まず気になったのはこちら。


    カタログビジネス3


    特商法の販売責任者には

    「長岡孝汰」という名前が書かれていますが、

    長岡孝汰という人物は

    LPにも動画にも出てきていません。



    特商法には本名を書かなければならないので、

    もしかすると森下博さんの本名が長岡孝汰で

    森下博はビジネスネームなのかもしれないですね。


    カタログビジネス4


    仮に森下博がビジネスネームだったとしても

    それはそれで良いんですが、

    某有名IT企業とも組んでいるわけですし

    わざわざビジネスネームで出る必要があったのか

    疑問です。



    http://hironinja.jp/blog-entry-711.html



    上記の記事を見て頂いてもわかりますが、

    野呂田さんが関わるオファーは

    このようなケースがよくありますからね。



    ただ、

    今回は法に触れるようなことを

    やっているわけではないので、

    こういう不自然なこともあるよ程度で

    受け取って頂ければと思います。



    続いて、

    今回のビジネスの内容は、


    >カタログの中から好きな商品を1つ選んで
    >簡単なレビューを書けば1万円確定



    簡単に言うとこういうことらしいのですが、

    たしかにこんな簡単なビジネスであれば

    やってみたいと思うのが普通です。



    そのカタログはYahooから提供されるようですが、

    これらの情報からも、ビジネスモデルは

    転売やアフィリエイトに近いと考えられます。



    もしアフィリエイトのようなビジネスであれば、

    レビューを書くことで商品が売れれば

    広告主から報酬をもらえる、

    もしくはレビューを書く仕事だけで、

    企業から報酬をもらえるということが考えられます。



    前者であれば、物販系のアフィリエイトで

    1万円ほどの高単価な報酬が入ってくることは

    考えにくいです。



    一応Yahoo関連で言えば、

    Yahooショッピングのアフィリエイトもありますが、

    その報酬は商品代金の数%にしかならないため

    1万円の報酬が入ってくることは考えられません。



    後者であれば、

    ランサーズなどのクラウドソーシングを使って

    依頼した方が安く済むのでは?

    という感じです。



    実際のレビュー自体も

    カタログの中から大型のテレビを選んだとして、

    「画面が大きいから映画を見ると迫力がありそう。」

    程度のもので良いと言われています。



    しかし、

    Yahoo、もしくはその他の企業が

    わざわざ高単価な報酬を払ってまで、

    その程度のレビューを依頼するでしょうか?



    となると、

    アフィリエイトのような広告報酬や

    単なるレビュー依頼での報酬ではなさそうですよね。


    カタログビジネス5


    そう考えるとLPや動画で言われているように、

    簡単なレビューを書くだけで稼げる

    ビジネスではないと思います。



    では転売ならどうでしょうか?



    このカタログビジネスの内容から

    考えられる転売の手法としては、

    カタログから商品を選び

    そのカタログを参考に出品用の

    商品ページを作ることです。



    ヤフオク

    Amazon

    メルカリ



    こんな感じで。



    あとはその商品を仕入れて販売できれば、

    売上を出すことはできます。



    カタログビジネスでは

    レビューを書くだけで1万円を獲得できると

    言われていますが、これなら1万円以上の商品が

    1万円以上で売れれば、

    たしかに1万円を獲得したことになりますよね。



    ただ、

    それで利益が出るかどうかはまた別です。



    転売なら赤字でも売上で1万円獲得できたと

    言えますからね。



    で、

    ここまでの話から思うこととしては、

    「簡単なレビューを書くだけで1万円!」

    そんなに簡単なビジネスだと言うなら

    自分の会社だけでやれば良いんじゃないの

    ということ。




    私なら時給1000円でアルバイトを雇い、

    もっと楽に、かつ大きく利益を上げますけどね。



    わざわざパーティーまで開いて

    このオファーを紹介してもらっているくらいなので、

    販売者としてはよっぽど売上を立てたいというのが

    伝わってきますよね。



    つまり、

    儲けたいという意志が強くあるということです。



    しかし、

    そんなに簡単なビジネスだと言うなら、

    わざわざ公開しないで

    自分たちだけでやった方が稼げるじゃん

    ってなりますよね。



    私が今回1番不自然だと思ったことはその部分です。


    カタログビジネス6


    ちなみに、

    森下さんがカタログビジネスで稼いでいる

    という証拠として

    銀行口座が開示されていますが、

    この口座情報は全く信用するに値しません。



    すべての情報を公開する必要はない

    とは思いますが、

    せめて振り込んだ会社名くらいは

    公開しても良いのではないでしょうか?



    じゃないと、

    野呂田さんが森下さんの口座にお金を振り込んでも

    同じ画が取れるわけなので。



    何か公開するとマズい理由でもあるのか?

    って思ってしまいますよね。



    ひとまず、

    現時点でのレビューは以上となりますが、

    カタログビジネスの詳細はまだわからないため、

    引き続き動画を追って行こうと思います。



    野呂田さんが仕掛け人ということからも、

    慎重に見てくださいね。



    追記



    カタログビジネス

    カタログビジネスthe FINAL

    http://ichienmrr.com/krhanbz/

    の販売が2月8日より始まっていますが、

    どうやらリスクなく金銭が全くかからない

    と言っていたのは嘘だったようです。



    こちらのサイトでも

    http://bbs-homework.com/One_Viwe.php?i=102

    コメント欄にて議論が行われているようなので、

    参考にしてみてください。



    また、

    カタログビジネスthe FINAL

    の販売ページには、返金保証事項について、


    カタログビジネス1

    当スクールにご入会頂き
    こちらのカリキュラムに沿って実践し、
    半年間私の言った通りに実践したにもかかわらず
    50万円を稼ぐことができなければ、
    全額を返金させて頂きます。


    と書かれていますが、

    特商法では以下のように書かれています。


    カタログビジネス2

    返品・返金について

    商品の内容が思ったものと違った、
    また商品の内容を理由に返品・交換・申込み契約の撤回、
    解除には一切応じられません。

    また、本商品でお伝えするノウハウは、
    こちらの指示どおりに作業しない限り
    利益を保証するものではありませんので、
    利益がでなかった事が理由での
    返品・申込み契約の撤回、解除にも一切応じられません。

    表現、及び商品に関する注意書き、
    本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
    必ずしも利益や効果を保証したものではございません。


    販売ページでは

    「50万円稼ぐことができなければ返金」

    と書いていますが、特商法には

    「利益がでなかった事が理由での
     返品・申込み契約の撤回、解除にも一切応じられません。」


    と書いています。



    矛盾していますよね(笑)



    このことからも、

    野呂田さん、および森下さんは

    はなから返金する気はないことが伺えます。



    それでもこのカタログビジネスへ参加する

    という方は、くれぐれも勘違いのないよう

    お気をつけください。



    ※追記※

    どうやら販売開始前と販売開始後で

    販売ページの文言を修正してきたようです。



    実際に並べてみるとわかりますが・・・



    ・販売開始前

    カタログザファイナル

    ・販売開始後

    カタログザファイナル1



    販売開始前は

    「Yahooとの究極のコラボレーション」

    となっていたものが、

    販売開始後は

    「超有名企業との究極のコラボレーション」

    に変更されています。



    このことからも、

    今回の件にYahooは全く関わっていないことが

    わかりますよね。


    カタログザファイナル3

    https://twitter.com/Yahoojp_CS/status/829554588755783680


    森下さんが一方的に言っているだけで

    Yahooからすると迷惑です。


    カタログザファイナル2


    こちらの現金製造ツールも、

    一般的に誰もが使えるツールに違いないでしょう。



    ちなみに、

    中身についてのタレコミがありましたらので

    以下シェアしておきます。



    ・受講内容

    1か月目 PPCアフィリエイトの仕組みについて学んで頂きます。(WEBセミナーにて)
    2か月目 PPCアフィリエイトを行う下準備(アカウント開設等)~実践
    3か月目 PPCアフィリエイト実践



    どうやら中身は

    PPCアフィリエイトだったようですが、

    そんなことは動画の中で一言も言っていないため

    これは悪質なセールスだと言えるでしょう。



    最初から中身を隠し続けて

    セールスを行っているわけですから、

    蓋を開けてみると

    お粗末なノウハウ、コンテンツだった

    ということは十分ありえますね。



    そもそもPPCアフィリエイトの実践が

    3ヶ月目からということ自体おかしいです(^^;



    他の教材や塾では

    初月から実践に入るのが当たり前ですから。



    みなさんも

    はなから騙しにかかろうとする案件には

    気をつけてください。



    今後野呂田直樹さんが関連する案件は、

    すべてスルーと思った方が良いでしょう。




    カタログビジネスの最新情報はこちら






    岡芹史郎が販売する「ゼリオカくん」は無料じゃない。

    剣八です。



    2017年のスタートダッシュを切るために

    年末年始問わず続々とオファーが行われていますが、

    その中でも気になったのが

    岡芹史郎さんのこちらのオファー



    岡芹史郎 ゼリオカくん




    特定商取引法に基づく表示

    運営者 ゼリオカくん運営事務局




    まず今回このキャンペーンを主催している人物は、

    岡芹史郎さんです。



    岡芹さんと言えば2015年に

    オンラインビジネスアカデミー(OBA)

    と言うスクールを展開し、

    数多くの教え子がいたことが記憶にあります。



    OBAについてはこちら



    OBAも一時期は、

    ナイツのHIT商品会議というローカル番組を

    宣伝として利用し、問題となっていましたが、

    その後は丸く収まったのでしょうか。



    そして、

    2016年にはプロモーターとして

    力を発揮していましたが、以下2つの案件は

    岡芹さんがプロモーションしたものです。



    マスターマップ・プロジェクト

    ザ・クレスト



    どちらも2016年に大ヒットした案件ですが、

    内容については正直

    「ん~・・・」

    という感じです。



    マスターマップについては、

    ネットビジネス業界の重鎮とも言える

    畑岡宏光さんが主役でしたが、

    蓋を開けて見れば

    ネットで調べれば出てくるような内容ばかりでした。



    業界の著名人たちがドンが出てきたと褒めたたえ、

    大掛かりな演出を取り入れたわりには、

    中身がショボすぎて開いた口がふさがらない

    という感じでしたね。



    本当に業界トップクラスの方が

    こんなことをするんだ、

    またそれを同じくトップクラスの方々が

    中身も見ずに推しているんだと思うと

    ゾッとします。



    このキャンペーンで

    多くのネットビジネス新規参入者が

    出てきたと思いますが、中身を見て

    即座に撤退してしまった方も少なくないでしょう。



    また、

    ザ・クレストについては、

    これまた業界のトップクラスにいる

    阿部ダイジロウさんが

    主役となったオファーでしたが、

    最近は誇大広告も行き過ぎていて、

    「何もしなくても」を超え、「お金をあげます」

    というような表現が

    使われるようにまでなっています。



    ザ・クレストを良い例にして、

    各業者が同じような言葉を使わないか

    心配ですね。



    ちなみに、

    このザ・クレストについては、

    11月に流されるとされていたキー局でのCMが

    延期されたということです。



    すでに言ったことが守れておらず

    この先が心配になりますね。



    まぁ今回のキャンペーンに2つのキャンペーンが

    直接的に関わっているというわけではありませんが、

    岡芹さんはこれらのキャンペーンに

    主軸として携わってきたということですね。



    で、

    今回の「爆稼騒ぎキャンペーン」についてですが、

    まず気になったのは参加人数についてです。



    LPにはキャンペーンの参加者は

    【50名限定】と書かれていますが、

    実際に登録して動画を見てみると、

    すでに1万7000回以上再生されています。


    ゼリオカ1


    このことからも、

    50名以上の参加者がいることが明らかです。


    ゼリオカ2


    そして、

    キャンペーンに登録すると届くステップメールには、


    1570名の中から
    限定50名の先行モニターとして選ばれた


    と書かれていますが、

    登録者全員にそのメールが届くように

    設定されているため、実際には100%

    このキャンペーンに参加することはできます。



    つまり、

    LPに書かれている

    「当選しました!」

    という言葉はあくまで建前上の話ですね。




    だからこそ50名以上の参加者によって

    下記の動画が再生されているのです。





    https://www.youtube.com/watch?v=YRvrNNvSbeY



    ちなみに、

    LPへアクセスすると終了タイマーが

    回りはじめますが、再度アクセスすると

    もう1度あと30分からタイマーが回りはじめます。



    http://zeriokakun.net/s/

    実際に上記のURLへ2度アクセスして

    確認してみてください。



    このことからも、

    当選にしろ、終了タイマーにしろ

    すべては爆稼騒ぎキャンペーンに多くの人間を

    参加させるための煽りであり、演出にすぎない

    ということがわかりますよね。




    また、

    このキャンペーンに参加して売られるものは、

    「ゼリオカくん」

    と呼ばれるツールです。



    このゼリオカくんと呼ばれるツールは、

    LPに書いてあった

    「セルフバックブーストツール」

    のことですが、

    セルフバックとは動画でも説明があった通り、

    ASPの案件に自ら申し込んで報酬を得る

    というものになります。



    ゼリオカくんは、

    そのセルフバック可能な案件を抽出し、

    さらには分類して並べてくれるというものです。



    セルフバックはいわゆる、

    自己アフィリエイトと呼ばれるものになりますが、

    その自己アフィリエイトを効率よく行えるツール

    ということですね。



    そのゼリオカくんを手にするには

    税抜きで49800円を支払う必要がありますが、

    おそらくその決済画面を見て

    「あれっ?」

    と思われた方も多いのではないでしょうか。



    なぜならLPには、


    セルフバックブーストツールは
    永続無料0円で使用可能‼



    と書かれていたからです。



    しかし、

    これは通常ライセンス料金の話で、

    その通常ライセンスとは

    おそらく月額使用料のことを指しています。



    つまり、

    実際にゼリオカくんを手にするには

    約5万円の初期費用が必要になってくるということ。




    それにしてもセルフバックツールの

    通常ライセンス料金が78000円は高すぎです(笑)



    それを無料にするのもおかしな話ですし、

    結局セルフバックツールを使うには

    お金が支払う必要がある

    という巧妙な仕掛けを見ても、

    「すべてはネットビジネス初心者を狙った仕掛け」

    ということがわかります。



    振り返ってみれば

    終了タイマー、限定募集、初期費用と、

    すべてはゼリオカくんを購入させるために

    巧妙に仕掛けられた罠のようなものです。



    動画では

    このゼリオカくんを手にしないといけない理由を

    淡々と語られていましたが、

    はなから人を罠にかけるような

    仕掛けが施されている案件なので、

    購入も慎重になるべきでしょう。



    もちろん

    ここまで巧妙な仕掛けを作り出す方ですから、

    「このツールを売っただけでは終わらない」

    と思います。



    マスターマッププロジェクトの例を見ても、

    アップセルが待ち構えている可能性は

    十分に考えられるので、気を付けてくださいね。






    【合計200万!】渡辺雅典 蝶乃舞 Dreamersアカデミー

    剣八です。



    12月5日より始まった

    パンダ渡辺こと渡辺雅典さんと

    蝶乃舞こと高嶋美里さんのキャンペーンから、

    「Dreamersアカデミー」の販売が始まりましたね。



    ドリーマーズ

    Dreamersアカデミー




    特定商取引法に基づく表示

    販売社名 株式会社スペースアイ

    運営統括責任者 TOGAWA YUKI

    所在地 東京都豊島区高田3-33-6-103




    10億円の財産分与を行う




    と言って始まったこのプロジェクトですが、

    結局財産分与とはお金ではなく、

    サイトを構築するためのシステムを提供する

    というものでしたね。


    ドリーマーズ1


    ただこちらを見て頂ければわかりますが、

    そのシステムの開発にかけたお金が6億円ですから

    これでは10億円の財産分与ではなく、

    6億円の財産分与

    としか捉えられないのではないでしょうか。



    わざわざ線を引いてまで

    手持ちの資産10億円の一部を使いました

    と強調してくれていますが、

    この6億円が10億円の財産分与の一部と言うなら

    まだ4億円足りませんよね。




    また、

    仮にこの6億円を投じたシステムが、

    合計10億円の資産を築いてくれると

    言っているのだとしても、このシステムが実際に

    10億円を稼いでくれるかどうかはわかりません。



    このシステムが、

    すでに10億円を稼いできたシステムと言うなら、

    まだ10億円を稼ぐ根拠や見込みはありますが、

    これから10億円を稼ぎ出すと言うシステムを

    100%で信用できるでしょうか?



    このキャンペーンを主催している

    パンダさんや蝶乃さんが、

    実際にそのシステムを使って

    10億を稼いだと言うならまだわかりますが、

    そのエビデンスもないわけですし・・・




    いずれにせよ10億円の財産分与は、

    現時点ではまだ信用するに足りません。



    つまり、

    入ってみて実際に使って、実際に稼げた

    という時が来ないことにはわからない

    という状況ですね。



    ある意味賭けのようなものです。



    しかし、

    仮に1人の人物が10億円を稼げたとしても、

    残りの人物が稼げなければこれは参加者全員へ

    財産分与を行ったとは言えません。



    ちなみに、

    最近DNAが運営していたキュレーションサイト、

    WELQがニュースとして

    取り上げられていたように、

    キュレーションサイトは今逆境にあります。



    http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20161212-OYT8T50096.html



    こちらの記事を見て頂ければわかりますが、

    不正確な医療記事や盗用などが問題視されていて、

    キュレーションサイトの運営は今シビアになっています。



    ですので、

    キュレーションサイトを収益化するには、

    まずその問題視されている点を把握し、

    それに伴う対策ができているかが重要です。




    果たして、

    まともにキュレーションサイトを運営した

    形跡のないパンダさんに、

    その対策があるのでしょうか?



    キャンペーンや販売ページの中では

    そういった問題には触れていないようですが、

    少なくともキュレーションサイトを運営している

    と言うなら、そういう事実を伝えた上で

    どのように対応していくか、

    参加者や参加を検討している方へ伝えるべきです。



    おそらくこのドリーマーズアカデミーへ

    参加された方の中にも、今そういう問題があり

    キュレーションサイトが逆境にあることを

    知らない方も多いでしょう。



    私も昨年から

    キュレーションサイトは取り入れた方が良い

    と口酸っぱく言ってきましたが、

    それはあくまで「集客」における部分においてです。



    私のキュレーションサイト推しは

    今もなお変わりませんが、キュレーションサイトは

    あくまで集客の媒体として捉えています。



    フュージョンメディアアカデミー



    実際に上記の記事を見て頂ければわかりますが、

    キュレーションサイトは

    あくまで集客の媒体として使い、

    収益化はキュレーションサイトとは

    別のサイトで行うことが、

    キュレーションサイトの正しい使い方です。



    それを理解した上で、キュレーションサイトを

    どのように使い、どのように活かしていくかを

    上記のフュージョンメディアアカデミーでは

    学ぶ事ができます。



    現段階でキュレーションサイト単体で

    収益化しようなんて考えていては、

    それこそいろいろな問題にぶち当たるし、

    参考にしたサイトからもクレームが出るでしょう。



    特に記事を参考にしておいて

    自分のサイトに広告を貼ろうなんてことがあれば、

    それこそクレームの対象となります。



    要は、

    参考にされる側も

    自分の記事を使って収益化されているところに

    腹を立てているということですね。



    ただし、

    学術論文にもとづいた正しい引用方法を行えば、

    問題にはならないということもありますが。



    もしその方法、ポイントが知りたい

    と言う方がいましたら、

    “ある条件”を満たしている方には教えますので、

    直接ご連絡頂ければと思います。



    というように、

    キュレーションサイトの問題がある今、

    ドリーマーズアカデミーで稼ぐことは厳しいです。




    となれば、

    10億円の財産分与もないに等しいでしょう。



    以上がドリーマーズアカデミーに関する

    私の見解になりますが、

    このドリーマーズアカデミーへ参加するには

    30万円の資金が必要です。



    パンダさんは

    10億円の財産分与を行うと言いながらも、

    実際に財産分与を行うのは購入者側になります。



    そして、

    実際に30万円を支払い

    ドリーマーズアカデミーへ参加すると、

    以下の案内があります。





    一軍スペシャル精鋭チーム



    さらに、

    この一軍スペシャル精鋭チームへ参加すると、

    以下の案内が立て続けにきます。





    アルティメットドリームクラブ



    これらの金額は以下の通りです。



    一軍スペシャル精鋭チーム:50万円
    アルティメットドリームクラブ:120万円



    アルティメットドリームクラブまで

    参加したとすれば、

    合計200万円をパンダさんと蝶乃さんへ

    支払うということですね。



    これが本当に「10億円の財産分与」と言えるのでしょうか?



    財産分与どころか

    200万円も支払わされているではないですか。


    ドリーマーズ2


    そもそもキュレーションサイトがあれば、

    「アクセスも無限に増殖する」

    と書かれていたので、それさえあれば

    みな同等に稼げるのでは?



    おそらく、


    「これが最後のチャンスだ」

    「30万円が私が今出せる限界だ」


    と思い、ドリーマーズアカデミーへ

    参加された方もいると思いますが、

    後出しじゃんけんのように

    こんな高額な商品が次々と出てくれば

    たまったもんじゃありません。



    しかし、

    入ってしまった以上はもうやるしかありませんので、

    その辺りは自己責任ということで

    しっかりと取り組んでください。



    ひとまず、

    ここまでお金を支払わずとも稼ぐ道はあるので、

    もしドリーマーズアカデミーへの参加を

    検討している方は、もう1度冷静になって

    現状を踏まえたうえで購入を検討してくださいね。



    今回は、パンダさんが

    キュレーションサイトに目を付けたところまでは

    よかったと思いますが、

    今の状況とそれを活かしきるだけの戦略が

    整っていなかった

    ということが不運だったというところです。






    渡辺雅典×蝶乃舞 Dreamersプロジェクト その真実とは?

    剣八です。



    肺がんと噂されていたネットビジネス業界のゆるキャラ、

    パンダ渡辺こと渡辺雅典さんが、

    人生最後の大きなプロジェクトを行うようです。



    そのオファーがこちら

    渡辺雅典

    渡辺雅典×蝶乃舞 Dreamersプロジェクト




    特定商取引法に基づく表示

    記載なし




    あと少しだけ・・・残された時間の中で

    一人でも多くの人の夢をを叶えたい。




    先月から噂を耳にしていましたが、

    現在渡辺雅典さんは肺がんのステージ4と告げられ

    療養中とのことです。



    ネット上では今度はがんを使って同情か

    というような声も見かけましたが、

    これは演出でもなんでもなく、事実になります。



    しかし、

    余命まで宣告されている中でそのような声が上がるのも、

    これまでの売り込みや渡辺さんの行いがそうさせたのでは

    ないかということが、否めませんよね。



    だって普通に過ごしていれば、

    ここまでひどい扱いをされることもないはず。



    そんな中残された命を燃やし、

    多くの人の夢のために今回のプロジェクト

    「Dreamersプロジェクト」

    を始動するということです。



    正直なところ肺がんステージ4の病を背負い、

    余命まで宣告されている方が、

    無理してまで最後のお金儲けをする必要はないと思いましたが。



    渡辺さんの家族含め、もし渡辺さんのファンがいるとするなら

    安静に療養していてほしいというのが、

    1番の願いになるのではないでしょうか。



    その他の一般ユーザーも、

    余命を宣告されている方に身を削ってまで

    稼がせてくれなんて望まないと思いますが。



    あと少しだけ残された時間の中で

    一人でも多くの人の夢を叶えたいという想いのもと行動するのは

    素晴らしいことではありますが、

    ちょっと渡辺さんの気持ちが一人歩きしているのかな

    とも思いました。


    渡辺雅典1


    で、

    今回は資産完全相続プロジェクトということで、

    10億円の財産分与を行うと謳われていますが、

    財産分与するのであれば渡辺さんのスクールに参加したけど

    稼げなかった方々に、分与すれば良いのではないでしょうか?




    というのも、

    今年はアンフィニパンダアカデミーが募集されましたが、

    その前にはマネーファームと呼ばれるスクールも募集し、

    全く稼げず、サイトも上位表示されなくなったという声が

    http://henkinbbs.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=7118718

    こちらの掲示板に書いてあります。



    その後の改善策も出さず終わってしまったようですが。



    マネーファーム参加者からすればただ不運だったと告げられ、

    終わったようなものですね。



    また、

    アンフィニパンダアカデミーでは、

    22万円で作ったサイトが、わずか1年後に約5億円で売れ、

    今でも完全放置で毎月3000万円稼ぎ続けている

    と言われていましたが、渡辺さんが本当にそのサイトを

    完全放置で毎月稼ぎ続けていたかは定かではありません。



    そして、

    そのアンフィニパンダアカデミーで、

    これまで富の分配、Dreamと言ってきた渡辺さんが、

    実際にどのような対応を取るのかが垣間見える動画をみつけました。



    その対応がこちら





    どうやらこの動画の投稿者であり、

    アンフィニパンダアカデミー受講生の1人であるこの方は、

    渡辺さんとのやり取りの中で反論したことにより

    Facebookをブロックされてしまったとのことです(^^;



    ただ、反論と言ってもこの動画投稿者は、

    単に数日に1回、毎回1つの質問しか

    渡辺さんへは投げていなかったと。



    それに対して渡辺さんが、


    ・人の時間を奪わないでくれ
    ・あなたの質問は成功者がするような質問ではない



    というような返答をしたそうです。



    少なくとも30万円以上ものお金を払って、

    このアンフィニパンダアカデミーへ参加してくれた

    “お客さん”に対して放つような言動ではないですよね。



    そもそもアンフィニパンダアカデミーの受講者は、

    これから成功するために入ったわけで

    わからないことがあれば質問するのも当たり前。



    つまり、

    成功者がするような質問ではないというこじつけは、

    そもそもまだ成功していない方にとっては

    理不尽な返答でしかないということです。



    ちなみに、

    アンフィニパンダアカデミーについては、


    1軍スペシャル精鋭チーム 50万円
    http://www.wehaveadream.jp/sl/sst/index.html

    アルティメットドリームクラブ 120万円
    http://www.wehaveadream.jp/sl/udc/index.html

    究極メンタープログラム 400万円
    http://www.wehaveadream.jp/sl/ump/index.html


    のアップセルまで用意されていたので、

    渡辺さんに最もお金を払った方の額の合計は600万円。



    ということを考えても、

    そもそも渡辺さんの財産はこれまでスクールに入ってくれた

    方々のお金で築き上げられたものなので、

    まず最初に財産分与を行うべき人は

    これまで渡辺さんのスクールに参加してきたけど、

    稼げなかったという人ではないでしょうか。



    少なくともマネーファームについては

    改善策も出さずに終わったわけですから。



    これまで築き上げてきた財産ももともとはスクール生のお金なので、

    先にスクール生へ財産分与し、

    その上で新たにプロジェクトを行って稼ぐのは自由ですが、

    財産分与と言うにもまず順番が違うかと。




    まぁこのプロジェクトで最終的にお金を出すのも

    渡辺さんではなく視聴者の方になるでしょうから、

    財産分与と言っていること自体がおかしいんですけどね(^^;



    渡辺雅典2

    http://doglove.whdpet.com/



    ひとまず、

    Dreamersプロジェクトの中身については、

    上記のサイトを見ても再度アンフィニパンダアカデミーの内容が

    ベースになってくるかと思いますが、

    これまでの渡辺さんの対応や渡辺さんの病状を考えても、

    このタイミングでこのプロジェクトに参加することは、

    全くのリスクがないとは言い切れないかなと思いました。





     カテゴリ
     タグ
    None
    Copyright © 剣八流 ネットビジネスのすすめ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます