カテゴリ:投資系

投資系のカテゴリ記事一覧。玉石混淆のネットビジネス業界の正しい歩き方をレビューとともに解説していきます

投資系
剣八です。過去にはネットビジネス業界のトップに君臨していた与沢翼さんの動画を今年に入ってよく目にしていたのですが、振り返ってみるとGWBS(Give Wing Business School)の伏線だったんだなと思います。GWBSとはすでにご存知の方もいるかもしれませんが、こちらの投資スクールのことですね。Give Wing Business School特定商取引法に基づく表示運営業者 GIVE WING DMCC    (アラブ首長国連邦ドバイ法人)運営統括責任者 ...

記事を読む

投資系
FXプラチナファンド・パーフェクトコピー検証結果剣八です。1月末から新しい企画をはじめたクロスリテイリングさんから、「FXプラチナファンド・パーフェクトコピー」という商材が明日8日に販売開始されるようです。その商材がこちらFXプラチナファンド・パーフェクトコピー特定商取引法に基づく表示販売業者 クロスリテイリング株式会社運営責任者 松野有希所在地 東京都千代田区神田神保町1-5-1-6Fここまで5つの動画が公開さ...

記事を読む

投資系
剣八です。昨年自身で仮想通貨を作った松宮義仁さんが、再度その仮想通貨、投げ銭のオファーを始めましたね。松宮義仁 投げ銭特定商取引法に基づく表示運営会社 フィンテックエイジ株式会社「また松宮が投げ銭のオファーを始めたぞ」と思われた方もいるかもしれませんが、結論から言うと、松宮さんは自身の仮想通貨「投げ銭」を売らざるを得ないのです。なぜなら、仮想通貨も一般通貨同様、多くの人の手に渡らなければ価値が上が...

記事を読む

投資系
剣八です。最近はAIという言葉をよく耳にするようになりましたが、AIとは人口知能のことですね。人工知能とは、コンピューター上で人間と同じ知能を実現した技術です。近年はその人工知能の発達により自動化が進んできていますが、少し前にも将棋界で将棋ソフトを不正に利用したとして話題になりましたよね。参考情報http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/26/news125.htmlそんな人工知能の技術を搭載したというシステムが...

記事を読む

投資系
剣八です。昨日ロンブーの敦さんが仮想通貨の販売の広告塔として、自身の名前が使われたとニュースで取り上げられていましたが、仮想通貨もあの手この手を使い販売されているようですね。参考ページhttp://news.livedoor.com/article/detail/12531959/http://www.asagei.com/excerpt/73374出稿されていたのはFacebook広告ですが、広告出稿者は海外サーバーを使用していたため日本の法律は通用しないというところです。そうなると手...

記事を読む

与沢翼のGWBS (Give Wing Business School) は参加すべきか?

剣八です。



過去にはネットビジネス業界の

トップに君臨していた与沢翼さんの動画を

今年に入ってよく目にしていたのですが、

振り返ってみると

GWBS(Give Wing Business School)

の伏線だったんだなと思います。



GWBSとは

すでにご存知の方もいるかもしれませんが、

こちらの投資スクールのことですね。



Give Wing Business School




特定商取引法に基づく表示

運営業者 GIVE WING DMCC
    (アラブ首長国連邦ドバイ法人)

運営統括責任者 与沢翼

住所 AlmasTower, Jumeirah Lakes Tower,     
   Dubai, United Arab Emirates




与沢さんは今年の1月から


【与沢翼の経済予測】2017年と未来のあり方
https://www.youtube.com/watch?v=7VTUxSOkfrU&t=2s

【与沢翼特別動画】rの住人となるために、資本収益の深層とは?
https://www.youtube.com/watch?v=-5OtuQtqyAo&t=1s

【与沢コラム】2017年の軸
http://yozawa-tsubasa.info/archives/14084

【与沢コラム】深く後悔し、死ぬほど学習すれば、夢は叶うと思う
https://www.youtube.com/watch?v=cbvtB5-JLek


上記の情報発信を行っていて、

この中には私も学ばせて頂いた内容もあります。



しかし、

こうして並べてみるとよくわかりますが、

投資、そして自身の新企画である

GWBSに結びつける伏線だったんでしょうね。



2017年の経済の動向、投資家の生き方、

軸を定めること、死ぬほど学習すること。



要はこれらをGWBSで実行することも

1つの選択肢だよってことですね。



与沢さんが

年始からアップしていた動画の再生回数は

3万回を超えていますが、その数字を見ても

今の与沢さんに興味を示している方は多いはず。



ですので、

もちろんこのGWBSに入ろう、

もしくはすでに入ったよと言う方も

多いと思います。



ではGWBSに入って今の与沢さんから学べば、

必ず投資で稼げるようになるのか?



結論から言うと、

人それぞれですし、

学べることはあっても稼ぐことは

難しいかもしれないですね。



これはすべての投資教材で

言えることではありますが、

特に与沢さんのトレードは

合う合わないの差がハッキリと出ると思います。



それではその理由を

以下追って説明して行こうと思いますが、

まずこのGWBSの募集が始まったときに

気になった点があるので、

そこから触れておこうと思います。



GTSが最後ではなかったのか?




与沢さんのファンなら

ご存知かもしれませんが、

実は与沢さん、昨年も

「グローバルトレーダーズスクール(GTS)」

という投資スクールを募集していました。



なお、

このスクールは

何期かに分けられ募集がされましたが、

グローバルトレーダーズスクールファイナル(GTSF)

では、

「この募集を最後に投資塾の販売は行わない」

というようなことを言っていたはずです。



おそらくこの言葉に焦りを感じ

「今入っておかなければ後悔する」

と思い、

入塾した方も多いのではないでしょうか?





私も

方向性を変え世界中を飛び回ったり、

家族と過ごす時間などを増やしていく

というようなことを耳にした記憶があります。





しかし、

実際この動画の23分以降の話を

聞いて頂ければわかりますが、


>自分としては十分役目を終えたと思っています。
>私のこれからの情報発信はただの日記みたいなも   
>のだと思います。

>GTSにすべてをかけ11月を持って「引退」
>講師という立場を退いて
>これからは不動産に力を入れていく


というようなことを言っていました。



この引退は

2016年の11月のことを指していますが、

その約3ヶ月後には講師という立場に

返り咲いています(笑)



もちろん与沢さんから学びたい人、

投資スキルを身に付けたい人はいるので

需要はあると思いますが、

こういうことになるなら「引退」などとは、

言わなくてよかったのではないでしょうか。



まぁ引退なので復帰はできますが、

GTS参加者は

「あまりにも復帰が早すぎるのではないか」

「引退は嘘じゃないか」

と思っているはずです。



ちなみに、

GTSの内容は

FX、日本株、外国株、株価指数、

商品先物、エ-ネルギーや貴金属先物など

全てのトレード対象を網羅し、

アジア不動産投資や海外資産運用

と様々な投資を学べるというコンセプトでした。



ですので、

もちろんコンテンツの量は多く、

様々な種類の投資を学ぶことができる形式に

満足した方もいたようですが、

その一方で、

投資経験者から見ると

どの投資を取って見ても内容が浅く

「投資のスキルを身に付けて稼ぐ」

レベルのコンテンツではないということです。



また、

入塾者の意見を見ると、

http://25sai.info/gtsfkenkai/

次から次へ新しい投資を

学ばなければならないため、

こなせなかったり、深く学習できなかったと。



与沢さんは今年書いたこちらの記事で

http://yozawa-tsubasa.info/archives/14149

成功するためには「専門性」を絞ること

が大切だと伝えていましたが、

GTSでやっていたことと

今年話している内容には、

矛盾が見られますよね。



GWBSはGTAと比べてどう変わったのか?




では今回のGWBSはGTAと比較して

どのように変わったか?



それは以下の内容を確認するとわかります。



GWBS内容詳細ページ
http://give-wing-business-school.com/index.html



今回のスクールは、

短期投資と長期投資の2つに絞られていて、

短期投資ではFXを、長期投資では株式投資を

学ぶということになっています。



これらはコース分けされていて

どちらかを選択して購入する、

あるいは両方を購入することもできます。



もし購入すると言うのであれば、

どちらかに絞った方が良いですね。




結局2つ同時になんてこなせないですから。



ちなみに、

今回も各投資ごとにコンテンツは

用意されていますが、

それとは別に毎日の講義も行われます。


GWBS.png


このエブリデーライブ講義は、

週5回、平日に毎日ライブで行われ

投資の基礎となる部分を学べるようです。



しかし、

週5回の講義を会社に勤めながら

3ヶ月間受け続けることができる方は

いるのでしょうか?




私がネットビジネスに取り組む

様々な人を見てきたこれまでの経験上、

週5回、3ヶ月間

講義を受け続けることができる方は

ほんの一握りです。



ということからも、

今回もキャパオーバーで

GTS参加者の二の舞いになる方が出ることは

http://25sai.info/gtsfone/

十分考えられます。




また、

GWBSには

「ケーススタディー」

と呼ばれるものが存在しますが、

これについては個人的には面白いな

と思いました。



このケーススタディーとは

実際の事例を取り上げ学習を進めていくスタイルで、

GWBSではリアルタイムの相場を使って

講義を進めていくということです。



情報商材やその他の高額塾でも

このケーススタディーが行われることは少なく、

行われるとしても

月に1度のセミナーやライブセミナー

くらいですかね。



たしかにこのケーススタディーであれば

より実践的に学ぶことができ、

ある種ドリル的なものと言えるでしょうか。



テストで結果を出すために

ただ教科書を眺めているよりも、

ドリルの問題を解いた方が良いですよね。



これと同様、

情報商材や高額塾でも実践行った方が

良い結果が出ると言えます。




例えば、

アフィリエイトならSEOについて

ずっと座学で学ぶよりも、

実際に記事を書いて検証した結果から学ぶ方が、

より理解できますよね。



このことからも、

ケーススタディーが有効ということはわかります。



ただ、

GWBSのケーススタディーというのは、

あくまで与沢さんが相場を見て

それに対する解説を行う授業であるため、

自分が実践することとはまた違います。



つまり、

ドリルの様でドリルではないということです。




与沢さんが相場を見て、それについて解説しても、

それは与沢さんの身にはなるけど

見ている人の身にはなりません。



やはりケーススタディーは自分で取り組み、

間違ったところを先生に解説してもらうことで

初めて身になりますからね。



ですので、

購入者のことを考えているようで

考えていないのです。



このケーススタディーが良いというのは、

販売者の一方的な押しつけでもあるということです。



また、

GWBSのケーススタディーでは、

もちろん裁量トレード
(与沢さんの判断によるトレード)

になるため、

どうしても与沢さんの感覚的な

解説になってしまいます。



果たしてその感覚を

受講者が正しく受け取ることができるでしょうか?




私はできないと思います。



FXや株などのトレードにおいて

感覚的な話をされても、

人によってその感覚の受け取り方は違いますから、

それを全く同じ感覚で再現するのは厳しいです。



ましてや、

常に違う形で動く相場で

感覚的にトレードをするとなれば、

イチかバチかの取引にもなりかねないですよね。



ということを考えても、

GWBSが合う合わないは人によって

ハッキリと出るのではないかと思います。



物事を感覚的に捉える方が得意な方には

合うのかもしれませんが、

物事を論理的に捉える方にとっては

難しい手法になるのかもしれませんね。




もし後者のタイプであるという方は、


http://hironinja.jp/blog-entry-433.html

http://hironinja.jp/blog-entry-686.html


こちらの投資教材をオススメします。



この投資教材は

菅原さんという方が作ったもので、

私も実際にお会いしたことのある信頼できる方です。



菅原さんのトレードは

データ分析に基づいて作られたものなので、

トレードの結果に対して

データ分析に基づいた解説や根拠を

示すことができます。



ですので、

物事を論理的に捉える方にとっては

非常にマッチした手法だと思います。



どちらかという

国語よりも数学が得意だという方は、

菅原さんの手法がしっくりくるはずです。




ですので、

もしこれから投資で稼いでいこうと思う方、

そして、感覚的なトレードを学ぶのではなく

論理的なトレードを学びたいという方は、

ぜひ菅原さんの教材も参考にしてみてください。






 カテゴリ
 タグ
None

FXプラチナファンド・パーフェクトコピーは買うべきか。

FXプラチナファンド・パーフェクトコピー検証結果



剣八です。



1月末から新しい企画をはじめた

クロスリテイリングさんから、

「FXプラチナファンド・パーフェクトコピー」

という商材が明日8日に販売開始されるようです。



その商材がこちら

FXプラチナファンド

FXプラチナファンド・パーフェクトコピー




特定商取引法に基づく表示

販売業者 クロスリテイリング株式会社

運営責任者 松野有希

所在地 東京都千代田区神田神保町1-5-1-6F




ここまで5つの動画が公開されていますが、

今回のトレードについて知りたいなら

以下の動画を見ておけば大丈夫です。











で、

まず今回トレードの軸となるのは「EA」になります。



EAとは自動売買システムのことで、

エントリーから決済までFXのトレードを

すべてそのシステムが行ってくれる

というものです。



その仕組みは、

相場の動きや形に合わせて

こういう場面で買って、こういう場面で売る

というように、

あらかじめプログラムされていているもので、

システムがそのプログラム通りに取引する

というような感じになります。



ですので、

EAを使えば自分で手を加えることなく

トレードができるということです。



ただ、

EAには「ほったらかしで稼げる」という

FX初心者には大きなメリットがあるものの、

それはあくまでそのシステムが

信頼できるものであればの話になります。



つまり、

そのEAを作った人物、

そしてそのEAに組み込まれたプログラムが

重要になってくるということですね。




今回はその辺りを中心に見ていこうと思います。



目次





FXプラチナファンド・パーフェクトコピーを公開する人物とは?




ではまず、

FXプラチナファンド・パーフェクトコピー

のEAを作ったのは誰なのか?



動画にも出てきましたが、

ヘッジファンドマネージャー兼

現役トレーダーの

ライアンさんという方になります。


FXプラチナファンド1


若干コワモテな感じですね(笑)



このライアンさんは、

現在シンガポールを拠点とし

ヘッジファンドの運営とトレーダー

両方で活躍されているそうです。



ヘッジファンドがわからない方のために

簡単に説明すると、銀行などでよく聞く

公募で資金を集め運用する「投資信託」と違い、

機関投資家や富裕層等から私的に集めた資金を

運用する組織のことです。



以前別の記事で機関投資家のトレードを

紹介したことがありますが、

機関投資家は誰もが利用できる

一般的な資産運用会社になります。



つまり、

ヘッジファンドはさらにその上を行く組織

だということです。




ライアンさんはその組織を統括する

マネージャーであるということですね。



FX-Jinさんも、

このライアンさんが運営するヘッジファンドに

お金を預けているようですが。



ちなみに、

このヘッジファンドへお金を預ける場合は、

1口当たり数百万円~数億円が当たり前です。



そんな組織の

ファンドマネージャーを務める人の

トレードを実践できるというのは、

ちょっと期待しますよね。



動画の話が本当ならの話ですが。


FXプラチナファンド2


ただ、

今の地位にたどり着くまで

順風満帆だったわけでもないようで、

上記の通りウン千万単位で

資金を飛ばしていた過去もあるようです(^^;



この辺りはこれまでFXで失敗してきた方も

共感できるのではないでしょうか。



やはり最初から上手くいった

カリスマ的な人のトレードよりも、

1度は挫折し

そこから這い上がった人の

トレードの方が現実味がありますよね。




失敗した人の気持ちは

失敗した人にしかわからないですし、

その方が確固たるものを築いていそうです。



最近の与沢さんなんかを見てもわかりますが。



使命観や仕事について考えて決めたこと
http://yozawa-tsubasa.info/archives/14164



今の与沢さんなら

学べることはたくさんあるので、

興味のある方は上記の記事を読んでみても

面白いかと思います。



少し話が逸れましたが、

「学ぶなら失敗した者から学べ」

ということですね。



そういう意味でも、

1度大きな失敗をしている

ライアンさんのトレードには、

価値があるのかなと思いました。


FXプラチナファンド3


で、

その失敗の経験から

裁量トレードの勉強を本格的に始めた

ということなのですが、

それから海外のトレーダーと知り合い

EAを取り入れることになったということです。



ではそのEAとは何なのか?

そして、ライアンさんが使うEAは

どういったものなのか?



天才トレーダー集団も使うEAとは?




まず、

今回間違いなく肝となる

ライアンさんのEAの前に、

そもそもEAとは何なのか?

という部分から説明して行こうと思います。



すでにEAのことを知っている方は、

この部分は飛ばして次に進んで構いません。



それではまずEAとは何か?

ですが、

冒頭でも軽く説明したように

FXの自動売買取引を行うシステムのことです。



通常FXではチャートや経済状況を見て

次に相場がどのように動くかを予想し、

その予想に合わせて

通貨を買ったり売ったりしますが、

EAでの取引はこれらの判断を

すべてプログラムに委ねて行います。



昨年将棋界で対局中に

不正ソフトが使われたという

ニュースがありましたが、

EAはその不正ソフトと似たように、

すべてプログラムから相場を予想します。



故に、

人の頭と目を使い相場を予想する必要はありません。




そして、

システムを起動すれば

あとは取引が終わるのを待つだけです。



「ほったらかしで稼げる」

と言うなら、非常に便利なものですよね。



ただし、

EAは人によって組むプログラムが異なりますから、

全部が全部稼げるわけではありません。



その人が組んだプログラム、

そして、今のその相場状況がそのプログラムに

マッチしているかどうかで決まってきます。



また、

プログラムということは

ロボットのようなものですから、

機械的な取引をする以上

予期していないところで

エントリー、決済をして

損失を出すことも考えられます。



ですので、

機械任せにしておけば安全というわけでは

ありません。



できることなら裁量(自分の判断)も

取り入れたいところですよね。



実際に裁量ができれば

EAの取引を見たときに、

「ここは入りたくない場面だなー」

「まだポジションをキープして利益を伸ばしたいなー」

というポイントも出てくるので。



そう考えると、

EAだけでなく裁量もできた方が、

FXプラチナファンド・パーフェクトコピー

のEAも使えそうな気がします。



ぶっちゃけ裁量トレードができれば、

このEAを使い続けるかどうかの判断も

できますからね。



では

FXプラチナファンド・パーフェクトコピー

のEAはどういったものなのか?



まずそのEAを見て他とは違うな

と思った大きな点は、

プログラムの数が多いことです。



普通は

いくつかのパターンのみで

プログラムされているEAが多いですが、

FXプラチナファンド・パーフェクトコピーのEAは、


「数百種類のEAの中から、
 相場に最適な組み合わせを選び、利益を上げる」



というものになります。



これは数百通りもの

細かい相場パターンに合わせて、

トレードができるということですね。



FXプラチナファンド4

もちろんトレンド相場からも

FXプラチナファンド5

レンジ相場からも。



この2つの相場でトレードができるということは、

チャンスを掴む回数も多くなり

いつでもトレードが可能となるということです。



相場の7割程度はレンジ相場が占めている

と言われますが、

トレンドに対応するロジックだけでは

ほとんどチャンスがきませんからね。



そういう意味でも

安定してトレードができると言えます。



ちなみに、

ライアンさんがこれまで見てきた

EA、ロジック、ツールは8000種類を超える

ということなので、

今回はその中でも厳選された数百

ということも期待できますよね。



また、

今回このEAが使えそうだなと思った

他のEAでは考えられない点は、

ライアンさんが、

高度な裁量判断で的確にどのEAを使い、

どのEAを止めるのかを判断している


ところです。



正直単なるEAなら

わざわざライアンさんが出てくる必要はなく、

わざわざシンガポールにまで行って

マーケティング用の動画を撮影する必要もない

と思いました。



ただ、

どのEAを使い、どのEAを止めるのか

その判断をライアンさんがしているなら、

この企画にライアンさんが出てくる理由も

わかります。



一般的なEAの商材では

1度組まれたプログラムを長期的に使うのが主流で、

さらにそのプログラムを止めるかどうかも

個人が判断するのが普通です。



故に、

ほったらかしで良いと言われる

EAでのトレードは、初心者向きに見えて

実はそうでもなかったりします。




なぜなら、

そのプログラムで動かして良いかどうかは、

裁量ができない初心者には判断できないからです。



これはEAを使ったトレードでは、

非常に大きなポイントとなるでしょう。



天才集団が活用するEAを素人にも使えるのか?




FXプラチナファンド・パーフェクトコピーのEAは、

数百種類ものパターンが組み込まれていて、

そのプログラムの始動停止も

ファンドマネージャーの

ライアンさんがやってくれるのはわかったけど、

では実際にその天才集団が活用するEAを

素人にも使えるのか?



その答えはと言うと・・・



素人にも問題なく使えます。



その理由としては、

以下の仕組みを見ればわかるかと思います。


FXプラチナファンド6


今回教育動画の中で

「コピートレード」

という言葉が出てきましたが、

上記の図式を見たときに

私はその意味がわかりました。



このコピートレードというのは、

上記図式の通り

まずはライアンさんがトレードを行い、

そのトレードがそのまま購入者のシステムに

反映するというものになります。




まさに「100%コピー(再現)」ですよね。



これなら再現性が高いのもわかります。



だってトレードそのものを

コピーしているわけですから(笑)



よくプロトレーダーのトレードを

ツールやEAによって再現できる

という商材はありますが、

それはあくまでそのトレーダーのトレード手法や

ロジックが組み込まれているだけのものです。



しかし、

今回のEAに関して言えば、

ライアンさんがトレードをする

タイミングで、

システムでもトレードが行われます。



故に、

「天才集団のトレードを100%再現できる仕組み」

と言えるでしょう。



もちろんその仕組みで稼げるかどうかは

ライアンさんの実力ありきの話ですが、

Jinさんもお金を預けるほどの

ヘッジファンドを運営しているわけですから、

そこはお墨付き。



では実際にそのEAは

どのようなものなのでしょうか?



・パワースキャル

FXプラチナファンド7

まずはこちらのパワースキャル。



特徴としては利益を追求する

スキャルピングEAになります。



スキャルピングなので超短期売買ですね。



こちらのスキャルピングはトレンドを狙い、

大きく利益を取ることができるということです。




使える通貨ペアは、

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円

となっています。



活用できる相場としては幅広く、

トレンドを狙って

大きく利益を伸ばすスタイルだけでなく、

レンジで細かく利益を取ることもできると。


FXプラチナファンド8


実際に20~30pipsの利幅を獲れるようですね。



・ドル円キング

FXプラチナファンド9

続いてこちらのドル円キング。



こちらはドル円に特化したEAになります。



グラフを見てもわかるように勝率が高く、

安定性に長けたEAだと思います。




先ほどのパワースキャルのように

ドカンと1発大きな利益を取るというよりは、

コツコツと安定して

利益を積み上げていくスタイルです。



よって1つ1つの利益は小さくなりますが、

ポジションの数を増やしながら長期的に

利益を上げることができます。



ドル円キングは、

ドル円相場が動きを見せない時にでも

利益を積み重ねることができるのが良いですね。



ただし、

対応する通貨ペアはドル円だけなので、

他の異なるEAと組み合わせて使う方が

よさそうです。



FXプラチナファンド10


実際の取引を見てみても

1度のトレードで9pipsと、

利幅としては先ほどのパワースキャルより

小さいですよね。



・クイックショート

FXプラチナファンド11

続いてこちらのクイックショート。



ショートとは売りのことを表していて、

FXでは通貨を買うだけでなく、

「空売り」という売りから入ることができます。



例えば、

1ドル100円の時にドルを売り

1ドル90円まで値段が下がった場合、

10円分の値幅を獲ることができますが、

もしこの時に1000ドル売っていれば、

10000円の利益を得るということですね。



ショートとはそういうことで、

このクイックショートは

売り専用のスキャルピングEAです。



このクイックショートでは、

過去の相場の分析からエントリーや決済ポイントを

導くようになっています。



特徴としてはポジションの保有時間が短く、

ポジションの数を多くして

リスク分散することです。




対応する通貨ペア―は

ユーロ/ドル、ユーロ/円 となっています。



狙っていく相場としては、

売り専用なので下降トレンドやレンジですね。


FXプラチナファンド12


利幅はこちらもドル円キング同様小さいですが、

ポジションの数を多く持つため

利益を積み重ねて膨らませることができます。



というように、

実際にそれぞれのEAに特徴があり

相場に合わせて使い分けるため、

トレードとしてはチャンスが多くて

面白そうですよね。



まだこれもほんの一部ということなので、

リリースされてから他のEAも見てみたい

という気持ちです。



さて、

今回はEAを中心とした商材ですが、

FXプラチナファンド・パーフェクトコピー

を購入するかどうかは、

まだ考えているところです。



ライアンさんのEAは

数百種類ものパターンが

プログラムされたEAになります。



そのEAは

ヘッジファンドマネージャーが作り、

実際にヘッジファンドの

プロトレーダーたちが活用していると考えれば、

非常に魅力的だと思います。



しかし、

その価格が30万円もするということなら、

私なら少し考えるかなというところです。



たしかにEAは魅力的ですが、

このEAを購入することで

「トレードのスキルが身に付くわけではない」

ということを考えれば、

30万円も出して購入する必要があるのかな

と思ってしまいます。



ですので、

ひとまずは

明日のリリースまで価格はわからないので、

明日価格を見てみてもう1度考えた上で

購入を決めようと思います。



なお、

もし購入した場合は、

引き続き実際の中身を見てから

購入前と購入後の差も含めて

追記して行こうと思うので、

参考にしてくださいね。




それでは明日のリリースを楽しみに待ちたいと思います^^



※追記※

本日12時より

FXプラチナファンド・パーフェクトコピー

の販売が開始されましたが、

どうやらEAの使用権利を

毎月コースか年間コースを選んで

購入するみたいですね。



もちろん年間コースで購入する方が

お得だとは思いますが、

正直まだ中身を見てみないことには

ここまで言われてきたこととの差が

見えてこないので、

私はとりあえず毎月コースに入って

試しているところです。



ということで、

検証にはまだ時間がかかりそうなので

検証が進み次第また報告します。



検証を終えましたので以下ご確認ください。

FXプラチナファンド・パーフェクトコピー検証結果



剣八でした。


 カテゴリ
 タグ

松宮義仁の「投げ銭」には本当に資金30倍が保証されているのか?

剣八です。



昨年自身で仮想通貨を作った松宮義仁さんが、

再度その仮想通貨、投げ銭のオファーを

始めましたね。



投げ銭

松宮義仁 投げ銭




特定商取引法に基づく表示

運営会社 フィンテックエイジ株式会社




「また松宮が投げ銭のオファーを始めたぞ」



と思われた方もいるかもしれませんが、

結論から言うと、

松宮さんは自身の仮想通貨「投げ銭」

を売らざるを得ないのです。




なぜなら、

仮想通貨も一般通貨同様、

多くの人の手に渡らなければ

価値が上がらないからです。



今日本円が為替取引されるのも、

多くの人がその通貨を所持していて

さらには国の管理下にあることで、

価値と信用があるからです。



しかし、

仮想通貨についてはどうでしょうか?



仮想通貨は円と違い、

国が発行したものではありませんから、

国の管理下になく自由に取引ができる

と言われています。



では誰が不正がないように監視しているのか?

もし不正取引などがあった場合はどうするのか?

と思いますよね。



仮想通貨については

ブロックチェーンと呼ばれる仕組みあり、

仮想通貨による取引は

すべてそのブロックチェーンによって

結び付けられています。



例えば、

AさんとBさんが取引を行うと、

それぞれのブロックがネットワークの中で

結び付けられ、

その取引がネットワーク上に記録されます。



そしてその記録は、

仮想通貨を所持する誰もが見ることができるのです。



つまり、

このブロックチェーンの仕組みと、

誰もが記録を見ることができる

透明性と公平性を持って、

所有者それぞれで責任を持って管理しましょう

というような仕組みなっているということですね。




ブロックチェーンについてもっと詳しく知りたい方はこちら
http://btcnews.jp/gotoh-blockchain-report-16q3/



じゃあ仮想通貨は安全なのか?

ということですが、

決してそういうわけではありません。



ブロックチェーンの仕組みによって

100%不正取引を防げるとは言えませんし、

仮に不正取引があった場合には、

その不正に対して誰かが責任を取り

対応してくれるわけではありません。



仮想通貨には一般通貨と違い、

銀行やクレジット会社、国などが

介入していないため、先ほど言ったように

責任はそれぞれ個々で取るしかない

ということですね。




ただ、

責任を取るとは言っても

誰かが助けてくれるわけではありませんから、

取引が記録されてしまえば、

それは不正でも成立してしまう

という恐れがあります。



仮想通貨には

その分取引の際の手数料が安くなる

というようなメリットもありますが、

そういうリスクがあることも把握したうえで

所有しなければならないということですね。



ではこの基本的な仕組みを

理解していることを前提として、

松宮さんの販売する「投げ銭」はどうなのか?

というところですよね。



まず本人いわく、

最低30倍以上にお金が増える

らしいです。





そして、

仮想通貨については、

電子マネーと違いお金に交換できる、

手数料が抑えられる、値上がりする、

国を跨いで直接取引ができる

というようなメリットを挙げています。



しかし、

これらの例はあくまで仮想通貨の代表である

「ビットコイン」のことが主であり、

その他の仮想通貨で

同じようなことが言えるかと言えば

そうではありません。



実際投げ銭を海外へ送金しようと思っても

それを受け取ってくれる方がいるのでしょうか?




円とドルの外国為替取引(FX)も、

その通貨と取引したい

と思う人がいるからこそ成立するのであって、

この日本のごく一部にしか過ぎない

ネットビジネス業界のみでしか宣伝されていない、

名前も聞いたことのないような仮想通貨を

今後欲しいと思う人が出てくるのでしょうか?



これから投げ銭の販売が行われるのは

松宮さんの言うと通り、

多くの人に所有してもらい30倍以上にまで

価値を上げるためだとは思いますが、

仮に価値が上がったところで

取引してくれる方がいなければ、

儲かることはありませんからね。



それこそ投げ銭しただけで終わりです。



ちなみに、

極論を言うと、

今現在の投げ銭の価値が日本円で1円だとすれば、

30円を超えれば30倍と言えてしまいます。


投げ銭1


また、

以前行われたライブセミナーでは、

値上がりが期待できる仮想通貨を


・コンセプトが新しい
・信頼のおける人物、会社が関わっている
・使用するプラットフォームが存在している



ものだと定めていましたが、

投げ銭についてはどうでしょうか?



まず新しいコンセプトは

具体的に説明されていませんし、

どのように投げ銭が広がるのかも

わかりませんよね。



信頼のおける人物については

「見ての通り」

と言うしかないです。



松宮さんのことを知らない方は

「松宮義仁」と検索してみる、

http://peace.2ch.net/test/read.cgi/affiliate/1424342826/

もしくはこちらのスレッドを見るとよくわかります。



そして、

会社については投げ銭の運営元というのは

公表されていません。



購入者には運営元を購入前に知る権利が

あるのではないでしょうか。



松宮さん個人が

運営しているのかわかりませんが、

https://bitflyer.jp/ja/about

普通はこのように取引所のサイトなども

出てくるはずです。



そもそも現時点で

取引所があるのかも不明ですが・・・



ビットコインには

売り買いを行える交換所がありますし、

ビットコインの販売が行われている

販売所も存在します。



これらの設備が

整っているかどうかもわからない状態で、

今後投げ銭は取引されるのでしょうか?



よく仮想通貨の販売で

ビットコインが例に出されることは多いですが、

そもそも現時点

ビットコインほどの認知や取引の環境が

整っていないものを、

それと同等のように説明するのは

どうなのかと疑問に思います。




ビットコインと同等であり

それから新しいコンセプトや機能、

利便性がなければ、

その仮想通貨を手にする必要もないと

私は思います。



「だったらビットコインを買えばいいじゃん」

って話ですから。



そして、

仮想通貨でもう1つ重要なこととしては、

所有する人の数と比例して、それを使える場所が

どのくらいあるのかということです。




所有者数と利用できる場所の数については

http://hironinja.jp/blog-entry-745.html

こちらの記事でも伝えましたが、

投げ銭についてはどうでしょうか?


投げ銭2


ビットコインですら現在国内で使える場所は

およそ4000店舗ほどしかありませんが、

投げ銭については一体どこで

どのように使えるのでしょうか?



投げ銭で決済してくれる店舗があるのでしょうか?



通貨の本質というものを

日本円を例として考えてみてください。



仮に日本で日本円が使用できる場所が

4000店舗しかなく、

あとは米ドルしか使えないということでしたら

間違いなく米ドルを所有しますよね。



極端に言うとそういうことなのです。



その通貨が使える場所が少なければ、

その通貨を欲しいと思う人も現れません。



ですから、

私としては、

まだビットコインの

足元にも及んでいない投げ銭に、

未来はあるのかと思います。



ちなみに、

松宮さんは以前に、

自分のウォレットの残高を見せて

2億3789万4300枚のNAGEZENIを

所有している言い、

その価値が41億3116万3211円であると

自慢していました。



まだ松宮さんしか所有しておらず

まともに流通もしていなかった投げ銭に、

本当にそれだけの価値があった

と言えるのでしょうか?




誰がどのようにして、何と比較して

価値を付けたのかわかりませんよね。



松宮さんしか持っておらず

使える場所がないということは、

その時点では価値はなし

と言えるのではないでしょうか。



ということからも、

松宮さんがどれだけ

デタラメなことを言っているかは、

これ以上説明しなくてもわかると思うので

気を付けてくださいね。



最後に、

以下の動画をそれぞれ見比べてみてください。











松宮さん、泉さん、与沢さん

それぞれの仮想通貨に関する話ですが、

泉さんについてはすでに非公開の動画で、

松宮さんの投げ銭とおれのノアコインは

そもそも規模が違うんだと

ディスっていました(笑)



一時期は仲良くしていたこともあると思いますが。



それに続いて与沢さんの動画については、

仮想通貨の本質的な部分から話されていて、

非常にわかりやすい内容になっています。



この3人の話をそれぞれ聞くとわかりますが、

ぶっちゃけ仮想通貨のことについては、

与沢さんが最も考えていて

理解しているではないかと思います。



松宮さんや泉さんは、

儲かるばかりが先行していて

仮想通貨の本質的な部分には

ほとんど触れていないですよね。



仮想通貨を売ることに必死ですが、

なぜその儲かると言う通貨をわざわざ

紹介するのでしょうか?



販売して儲かるのは自分だからですね。



今回私としては、

与沢さんの話が最も納得できたというところですが、

みなさんはどう思いますでしょうか・・・



残りのお2人は仮想通貨を販売することで

儲かるという利害関係発生する以上、

下手に飛びつくと購入者側だけ害を受けて終わる

ということも考えられるためお気を付けを。







 カテゴリ
 タグ
None

【購入注意!?】AI搭載型FX自動売買システム TrendTiger(トレンドタイガー)

剣八です。



最近はAIという言葉を

よく耳にするようになりましたが、

AIとは人口知能のことですね。



人工知能とは、コンピューター上で

人間と同じ知能を実現した技術です。



近年はその人工知能の発達により

自動化が進んできていますが、

少し前にも将棋界で将棋ソフトを

不正に利用したとして話題になりましたよね。



参考情報
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/26/news125.html



そんな人工知能の技術を搭載したというシステムが、

投資関連でもちらほらと出てきているようです。



そのうちの1つがこちら

トレンドタイガー

AI搭載型FX自動売買システムTrend Tiger




特定商取引法に基づく表示

サイト名 FXの学校ならあおのり学校

サイト運営者 株式会社あおのり学校

販売事業者 饗庭道孝

所在地 東京都中央区銀座7-13-5 NREG銀座ビル1F



AI搭載型FX自動売買システムTrend Tigerは、

その名の通りFX自動売買システムになりますが、

自動売買取引はエントリーから決済まで

すべてをシステムに任せて行う取引になります。



一般的にエントリーや決済のポイントを

自らの判断で決める取引を裁量取引と言いますが、

トレンドタイガーではその必要がないということですね。



実際にトレンドタイガーを使えば、

価格変動に応じた10段階のエントリーポイントを

AIで自動判別し、最適なエントリーを行うことが

できると言われています。



ロジックとしてはトレンドがメインになります。



たしかに最近は

AIを使って自動売買取引を行う者も

多くなっているようですが、

システムトレードで気になるのは

誰が使用しても同じように成果が出る

というところですよね。


トレンドタイガー1


今回トレンドタイガーを開発したのは

Halu先生こと藤村拓海さんですが、

プロフィールを見る限りは

優秀な成績をお持ちのようです。


トレンドタイガー2


トレンドタイガーのロジックでも

7年間収益を上げてきたということなので

期待を持ちますが、

実際にAIロボットの研究開発を始めたのは

昨年2016年になります。



正直なところ、これではまだ試用期間が浅い

と言えるのでではないでしょうか。


トレンドタイガー3


ただ、

販売ページには

体験者からの口コミが書かれていて、

数週間ですぐに20万円近くも利益が出た

という喜びの声もあります。



しかし、

トレンドタイガーを体験して

喜びをつづっている文の横にある

人物画像を見てみると、

他のサイトでも使われている素材でした。




トレンドタイガー5
販売ページ

トレンドタイガー4
別サイト
https://jp.fotolia.com/Search/Category/742



トレンドタイガー7
販売ページ

トレンドタイガー6
別サイト
https://dd-love.net/page/6/



トレンドタイガー9
販売ページ

トレンドタイガー8
別サイト
https://electrictoolboy.com/buy/



このように並べてみると一目瞭然ですが、

トレンドタイガーの販売ページではあたかも

画像の人物が稼いだかのように見えます。



これがまだ

「画像はイメージです。」

のような表記があるならわかりますが、

これでは明らかにこの人物が稼いだと

偽造しているようにしか見えません。



そうなるとHalu先生の経歴や実績もどうなの?

と思ってしまいますよね。



ちなみに、

今回トレンドタイガーの開発に協力している

「あおのり学校」ですが、

こちらも評判としてはあまりよろしくありません。




あおのり学校では特別講師の

あおのり先生と呼ばれる方をメインに、

FXの通信教育を行っているようですが、

そのあおのり先生の評判が以下の通りです。



ここから

↓↓

・あおのりは、予想もはずすが、数字も間違える
 上に行ったら投資しないと円資産がなくなり貧乏   
 になるぞと言い、 下に行ったら、欲張るからだ。
 私は売り切りましたと言う自分本位なあおのり


・メルマガ登録してみ
 これでもかって位、不安煽ってくるぞ


・デモトレしかして無い業者さんはでかい顔しない  
 でもらいたい


・プレミアムに昔入会していたけど、
 今考えるとおすすめ出来るところじゃない。
 送られてくる動画に間違いや未送信とかあったし。
 しかも旧会員向けとかに電話とかメールで再入会  
 の案内とか来たし。
 辞めた会員の情報は削除しろよって思った。


・あおのり、月曜、火曜、またはずれた。
 相変わらず下手。これで勝率90%と書いているから。


引用元
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/livemarket2/1403519289/l50



上記の口コミを見て頂いてもわかる通り、

販売元となるあおのり学校の評判も

そう良いと言えるようなものではありません。



http://aonorifx.com/

あおのり学校のホームページを見れば

一見クリーンな会社にも見えますが、

それ相応の評判もないため慎重に検討した方が

良さそうです。



トレンドタイガーもAIが搭載されていて

魅力的ではありますが、

体験者の画像には素材が使われていて、

販売元の評判も良くはないため、

その実績は信憑性に欠けるというところです。




まだAIにこだわらなくても

実際にFXで稼ぐ手段はいくらでもありますから、

気になる方は参考までに以下のページにある商材も

拝見してみてください。



投資で稼ぐならこちら



ちなみに、

仮にトレンドタイガーが稼げる優良商材だとしても、

AIを利用して誰もが同じ取引を行うと

相場のバランスが崩れます。



相場は需要と供給のバランスによって決まり、

負ける人がいるからこそ、勝つ人がいます。



負けた人のお金が勝った人と取引会社へ

流れる仕組みになっていますからね。



このことからも、

誰もが同じ取引方法で勝てば

需要と供給のバランスが取れなくなり、

稼げなくなってしまうことがわかるでしょうか。



まだ相場のバランスを保つために、

このシステムを

人数限定で販売するならわかりますが、

今のところはそんな感じでもないので

リスクがあると言えるでしょう。



もし本当にAIが搭載され、誰もが稼げると言うなら

わざわざ広告費をかけてまで

広範囲に渡るセールスはしないはずです。



なぜなら、自分の首を絞めることにもなるので。



という面から見ても、

AI搭載のトレンドタイガーは

あまりオススメできるものではありません。






泉忠司 6000兆プロジェクトのノアコインとは?

剣八です。



昨日ロンブーの敦さんが仮想通貨の販売の

広告塔として、自身の名前が使われたと

ニュースで取り上げられていましたが、

仮想通貨もあの手この手を使い販売されているようですね。



参考ページ
http://news.livedoor.com/article/detail/12531959/
http://www.asagei.com/excerpt/73374



出稿されていたのはFacebook広告ですが、

広告出稿者は海外サーバーを使用していたため

日本の法律は通用しないというところです。



そうなると手がつけられません。



このように、最近は芸能人の名を利用した

悪質な広告も増えているので気を付けてくださいね。



で、

今回取り上げるのはこちらのオファー

泉忠司

泉忠司 6000兆プロジェクト




特定商取引法に基づく表示

販売業者

NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.

代表責任者名

Marlo S. Padua

所在地

10/F NET LIMA BUILDING, 5TH AVE. COR.
26TH ST., BRGY. FORT BONIFACIO, TAGUIG CITY



このオファーの内容は今業界内でも流行っている

「仮想通貨」についてですが、

その仮想通貨を奨めるのは

業界随一の頭のキレる泉忠司さんです。


泉忠司2


このオファー、

まず特商法を見て頂ければわかりますが、

販売業者が海外なので

万が一何か問題があったとしても、

クレームや返金はできないものだと思っていてください。


泉忠司3


また、

動画では1円も受け取ることはない

とおっしゃっていますが、仮想通貨の販売となると

お金を受け取らないことはありません。



まぁ一般的な高額塾の販売ではなく、

仮想通貨への投資と

言ってしまえばそれまでですが、

その仮想通貨を実際にセールスするのは泉さんで、

そこで出た利益は受け取るはずです。



そもそもこうした無料オファーには、

動画やLPの制作費、集客のための広告費も

かかるため、

まずお金を受け取らずにやるというような

バカけたことはありません。



頭のキレる泉さんだけに、

自身がわざわざ動画に出演してしゃべり

タダ働きをするようなことは、

なおさら考えられないです。


泉忠司1


そんな泉さんが今回公開する稼ぎ方は、

3歳から90歳までの全員が

作業を1秒もしないで確実に稼げる

100年に1度の稼ぎ方


とまで謳っています。



しかし、

お金を持っておらず、

なおかつまだ何も知らない3歳児が、

仮想通貨を購入して稼いだと言えるのでしょうか?



「3歳児の親が購入した。」



それを稼いだとカウントするのであれば

また話は変わりますが、

果たして3歳児が実際に自分のお金で

購入して稼いだと言うことができるのか?



もしそういう発想で

このようなうたい文句を言っているのなら、

これはあまりにも幼稚な考えではないでしょうか。



できることならその3歳児を見てみたいものです。



若者でも稼げると言うならまだわかりますが、

もう少し現実味のある年齢にするべきですよね。



で、

今回販売される仮想通貨ですが、

特商法に記載されてあるホームページを見てみても

http://noahcoin.org/

「ノアコイン」

と呼ばれる通貨の販売になると思います。



ノアコインとは、

今後経済成長が進むと言われている

フィリピンを支援することをコンセプトにした

仮想通貨です。




具体的には、

国外へ出稼ぎに出ているフィリピン人が、

国内に残っている家族へ

稼いだお金を送金する際にかかる手数料を

軽減するというものになります。



泉忠司4

https://noahcoin.co/lp



すでに公開されている

ノアコインの販売ページにも書かれていますが、

その送金手数料は

年間3500億円かかっているということです。



たしかにこれだとかなりの無駄なコストが

かかっていますよね。



この手数料は、送金をする際に

銀行などの金融機関が仲介することにより

発生するため仕方ありませんが、

http://hironinja.jp/blog-entry-740.html

先日上記の記事でも書いた通り、

仮想通貨には国際送金の手数料を抑える

メリットがあります。



ですので、

このプロジェクトではノアコインを使って

国際送金の手数料を軽減し、

フィリピンへ出稼ぎで得たお金を還元する

ということですね。



今回のプロジェクトでは、

そのノアコインを購入して稼ごう

ということなのでしょうが、

「ノアコインを所持していれば必ず稼げる」

というわけではありません。



ノアコインのような仮想通貨で稼ぐためには、

仮想通貨の価格が購入したときよりも上がる

必要がありますよね。



仮想通貨の価格が上昇するには、

ビットコインなどのメジャーな通貨のように

需要があることが必須です。



仮想通貨の価格は、

野菜の価格が上がることと同様に

需要と供給のバランスによって決まります。



野菜の価格が高騰するのは、

野菜が欲しいという需要が多くあり、

その野菜の供給が少ない場合に

高騰しますよね。



仮想通貨もこれと同様で、

需要が多くあることを前提に

どのくらいの供給があるかによって

価格が決まってきます。



そこでノアコインの場合は、

その需要を増やすために

国際送金の手数料を軽減する

というコンセプトでやっているわけですね。



だからこそ泉さんも、

需要はあるので問題ないから

今のうちに絶対に買っておいた方が良い

と言うのです。



つまり、

現時点でノアコインを購入する者は、

後々フィリピン人へノアコインを売ることにより

利益を得るということになります。




「なるほど、これなら確実に稼げそうだな。」



そう思った方はいるでしょうか?



もしそういう考えを持ったという方は危険です。



なぜなら、

本当にノアコインに需要があるかは

確実ではないからです。




仮にノアコインをフィリピン人へ売り、

それでフィリピン人が送金したとしましょう。



そのノアコインで送金はできるかもしれませんが、

一体どこで使えるのでしょうか?



食材、日用品、外食、公共料金、海外旅行

などの場面で、

価値があるかどうかもわからない

未知のノアコインを受け入れる店舗が

あるでしょうか?



ビットコインのように日常生活の中で

ある程度使えるようになってきているなら

まだ需要は出てくるかと思いますが、

送金がメインで日常生活で不自由なく使えない

ということであれば、

当然ながらノアコインを購入する

フィリピン人はいないでしょう。



このことからも、

一見国際送金においてフィリピンへの還元を行う

というコンセプトは良く見えますが、

そのコインの本質は実際に日常生活レベルで

使えるどうかというところにあることがわかります。




また、

仮にそれらの問題をクリアしたとしても、

コインの流動性が上がり価格が上昇すれば

返ってノアコインを使って国際送金を行う方が、

お金がかかるということも考えられます。



そうなるとノアコインを購入する者も

いなくなりますよね。



ノアコインにビットコインのような

世界レベルでの広がりが

あるならまだ良いと思いますが、

現状はフィリピン人を対象とし、

1つの国でしか流動しないことを考えれば

まだまだ購入のリスクはあると言えるでしょう。



結局仮想通貨も作った本人、販売している側が

最もリスクなく利益を得ることができるため、

その辺りもよく考えた上で手を出すかどうかを

選択すべきだと思います。



私の場合は、

そもそも仮想通貨を儲けのために購入する時点で

ダメだと思いますが。



その儲けるということをメインに

仮想通貨を販売してくる業者には、

気を付けた方が良いでしょう。




ノアコインについてはこちらの見解も参考にしてみてください。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n401638



ちなみに、

私の場合は価格が上がるかどうかもわからない

仮想通貨に投資をするよりは、

現実的な投資を行った方が良いと思います。



投資で稼ぐならこちら






Copyright © 剣八流 ネットビジネスのすすめ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます