Amazon転売禁止



剣八です。



表題の通り、

楽天とヤフーが在庫を持たずに

「Amazonから直発送する」

いわゆる、

“無在庫転売”に規制をかけています。



普段、

楽天市場やヤフオクで

何気なく買物をしている方も

いると思いますが、

その際注文した商品は

当然出品者の手元にあるもの

と思いますよね。



私も時々

要らなくなったものを出品しますが、

自分の手元にある状態で出品し

注文が入れば発送手続きを行います。



このことからも、

楽天市場やヤフオクで商品を購入した際には、

普通はその出品者である

個人や法人の住所先から

商品が送られてくるはずなのです。



しかし、

中には商品が手元にない状態で

在庫を持たずに出品を行う者もいる

ということです。




ではそういう出品者は、

どのように対応をしているのか?



それは、

Amazonで仕入れたものを直発送しているのです。



Amazonには

配送システムがありますが、

Amazonの倉庫にある商品を購入した際には、

指定の住所先に

Amazonからそのまま届けることができます。



そこで、

その配送システムを利用して

Amazonにある商品をそのまま出品し、

注文が入ると発注者の住所先に

Amazonからそのまま届けている

ということです。



実際にネット上の口コミでも

数年前から、


「ヤフオクで商品を購入したのに
 Amazonから送られてきた」



というような声が相次いでいます。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1068196780

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010824590

http://yahooauctionwatch.livedoor.biz/archives/52248140.html



ではこのAmazonからの直発送は

主に誰が行っているのか?



それは、

転売ビジネス(せどり)を行っている者ですね。



転売とは簡単に言うと、

「安く仕入れて来たモノを高く売る」

というビジネスモデルです。



例えば、

Aという店舗で

1000円の商品を仕入れたとして、

それをBという

通販サイトやオークションサイトで

2000円で出品して売れると、

1000円の利益になります。



これを商売としている個人や法人がいる

ということですね。



今回の規制については、

その中でも在庫を持たずに出品する

無在庫転売を行う業者を

対象したものになります。



つまりこれは、

「実質、無在庫転売が禁止された」

ということですね。



こうした

無在庫転売を行う業者の意図としては、

Amazonから直発送することにより

配送料や作業量を抑えることで、

効率的に稼ぐことができるからです。



通常、

Amazonから商品を仕入れて

楽天市場やヤフオクに出品する場合は、

出品前に商品を仕入れて

AmazonのFBAというサービスを使うか、

自宅から発送します。



しかし、

直発送することによって

在庫管理費や配送コスト、その他手数料

などを抑えることができるため、

その分利益を上乗せできる

ということですね。



じゃあ購入者側からすると

それはどのようなデメリットになるかというと、

出品者が利ザヤを抜いている分、

1番安く購入する方法よりも高く買っている

ということになります。



このことからも、

購入者からすれば迷惑だということですね。



また、

今回規制がかかった発送方法では、

個人情報を自分が取引した者とは

別の業者に渡していることになり、

初期不良などにも対応してもらえない問題なども

出てくると思います。




ひとまず、

今後そういった転売が発覚した場合、


・楽天は退店を含む厳しい措置を取る

・ヤフーは休店させる


ということです。



今回は

Amazon転売で規制がかかりましたが、

実際「無在庫転売」を教えている業者も

まだまだいると思いますし、

楽天やヤフオクに限らずそれは行われています。



ですので、

他の販売先でも今後

厳しい規制がかかることは考えられます。



そうなると転売は、

どんどん稼ぎづらくなるのではないでしょうか?



また、

私が思うに、

今はまだ書店や家電量販店、ショッピングモール

などで仕入れができているのかもしれませんが、

仮にそれらをすべてお店側が行ったとしたら

どうでしょうか?




転売ビジネス自体が消滅してしまいますよね(^^;



つまり、

転売ビジネスはビジネスの本質ではない

ということです。




逆に、

私が今現在行っている

「アフィリエイト」

については、

ビジネスモデルが消滅する

という危機はありません。



なぜなら、

企業がネットを使った販促を行う

ニーズというのは、

今後もネット社会が続く中で

なくなることはないからです。



そういうニーズがある限りは、

アフィリエイターは

商品を紹介し続けることはできます。



それに、

アフィリエイトでは

間違いなく今回の問題の引き金となった、

「転売のような在庫を抱えるリスク」

がないため、

私としては

“個人が行う最強のビジネスモデル”

だと思っています。



もしそんなアフィリエイトに興味がある

という方は、

剣八塾「一騎当千」

ぜひこちらの企画に参加して頂き、

今後長く稼ぎ続けられるよう

「ネットビジネスの本質」

を学んで頂ければと思います。







この記事について、

何か質問や情報、相談、感想などある方は、

コメント欄、もしくはメールにて

お気軽に頂ければと思います。



それではまた^^




クリック


剣八のプロフィールはこちら



人気記事一覧



1位.顔出し、名前出し、一切必要なし!
会社にバレずに自宅でこっそりと安定収入を得る方法


2位.知識、経験、必要なし!サイン(目印)に従い
 トレードするだけで時給64,167円


3位.仮想通貨って結局のところどうなの?
実際に投資してわかったこと


4位.週4時間で年収500万円?
今話題のハイパーボヘミアンが自由すぎる件


5位.ブログアフィリエイトで稼ぐ方法を順にまとめてみた

6位.あなたも騙されてませんか?高額スクール販売の裏側

7位.徹底比較!ネットビジネスの中でも
「アフィリエイトが最強」と言える本当の理由


8位.剣八とその仲間が最短最速で収入を得た秘密

9位.今さら聞けない
アフィリエイトで稼ぐ仕組みをおさらいしよう!


10位.無在庫転売でお馴染みのメルカリ転売の落とし穴。



無料相談受付中!



・年金問題

・親の介護

・再就職難

・子供の教育費用

・外で働きたくても働けない



など、

各々今抱えている不安から脱却するために、

「稼げるネットビジネス」

を探している最中だと思います。



実際に私自身も

もともと一般企業に勤めていましたが、

結果を残すことのできない環境に耐えきれず、

半年と経たずして会社で働くことを

諦めてしまった人間です。



そんな私でも稼ぐことができたのが

ネットビジネスなのですが、

正直、ネットビジネスがなければ

私には働くところがなかったかもしれません。



それでも

ネットビジネスがあったおかげで

今の自分があるので、

本当にこの時代に生きててよかったなと

つくづく思います。



だからこそあなたにもそれを、

身をもって体験して頂きたいのですが・・・



世に出回っている

ネットビジネスの情報は、

9割方がウソだというのは事実で、

“ホンモノの情報”

にたどり着くのは難しいです。




ましてや初心者ともなれば、

ピンポイントでその情報にたどり着くのは

至難のわざでしょう。



だからこそ、

あらゆるネットビジネスを

やり尽してきた私を頼って頂きたいです。



できなかった私だからこそ、

あなたを理解し、あなたを正しい道へ

導くことはできます。




ですので、

「ネットビジネスでお金を稼ぎたい」

という方は、

まずは下記よりメールを頂ければと思います。



お問い合わせはこちらから
※すでに実践しているものから
 ネットビジネスの初歩的なことまで、
 なんでも聞いて頂いて構いません^^



スカイプ通話での無料相談受付ています(期間限定)
無料相談会の予約はこちらから



なお、

ご連絡の際には、

以下の項目にご回答頂けると幸いです。



・現在抱えている悩み

・ネットビジネスを始めようと思ったきっかけ

・ネットビジネスで稼いでやりたいこと

・ネットビジネス歴(0、3ヶ月、1年・・・)

・興味のあるジャンル、商材
(アフィリエイト、転売、投資・・・など)

・その他なんでも聞いて頂いて構いません^^



詳しい相談内容が書かれていない、

明らかに本気で相談する気のない方には、

返信しない場合もありますので、

その点だけあらかじめご了承ください。



私も中途半端な気持ちで

対応する気はありませんので。



それでは以上の点を踏まえて、

ご連絡お待ちしていますね^^






カテゴリ
タグ