剣八です。



先日千堂崇志さんのトリプルCシステム

について取り上げましたが、

中身は単なるギャンブルというオチでした。



前回の記事はこちら



そして、

販売されたスクールがこちらです。

PSC.png

プレミアムステータスクラブ(PSC)




特定商取引法に基づく表示

販売会社 合同会社つくしんぼ

運営責任者 千堂崇志

所在地 神奈川県横須賀市池田町1丁目20番2号



PSC1.png


LPには「新型投資法」と書かれていた

千堂崇志さんのトリプルCシステムも、

蓋を開けて見れば、

単なる競馬予想配信システム

だということがわかりました。



そのトリプルCシステムは、

「オッズを見て購入する馬券を判断する」

というものです。



オッズというのは簡単に言うと、

「馬券が的中した時の倍率」

になります。



例えば、

オッズが3倍の単勝馬券に100円を賭けて

的中した場合、

払い戻しで300円を受け取ることができます。



しかし、

そのオッズのみで購入する馬券を決めるのは

危険なんですよね。



なぜなら、

オッズは賭ける人数が増えれば増えるほど

下がっていくので。



つまり、

人気の馬券であればあるほど

大きく稼ぐことは難しくなる

ということですね。




それを理解すれば、

トリプルCシステムの欠点も見えてきます。



それは、

同じシステムを多くの人間が同時に使うことにより、

オッズが下がってしまうというものです。


PSC2


事実、

販売ページにも、


馬券は全てトリプルCによって抽出された
買い目配信通りにネットで購入する


と書かれています。



同じシステムを使うということは、

同じ予想になることもわかりますよね?




そうなると当然先ほど言ったように

オッズが下がります。



つまり、

このシステムを使用する者が増えれば増えるほど

オッズが低くなり、稼ぎにくくなるということです。




故に、

トリプルCシステムを世に公開することは、

返って自分の首を絞めることになります。



それをわざわざ

このような形で公開するということは、

おかしな行動を取っていると言えます。



本当にトリプルCシステムが稼げると言うなら、

普通は公開しないはずです。



このことからも、

千堂さんがいかに矛盾しているかが

わかりますよね。



ちなみに、

これは根本的な話になりますが、

常識的に考えて

競馬には100%的中させる予想方法なんて

ありません。



競馬が馬と人によって行われる以上、

完璧に、正確に

予想することはできないのです。



どの馬が勝つかは誰も予想が付かない。



だからこそ面白く、

それぞれが好きな馬を選択して

賭けることができるのではないでしょうか。



オッズが低くても負けることはありますし、

オッズが高くても勝つことはあります。



そんなレースの結果を、

システムが根拠のないデータをもとに

機械的に予想し、

正確に当てることなんてできません。



競馬は

天気、走る場所、出走位置、スタート、

馬のコンディション、騎手・・・

などによっても展開は変わります。



そんなシステムにはわからない条件がある以上、

システムを使って稼ぐことができるとは

言えません。




ひとまず、

競馬のことを投資競馬と呼ぶ販売者も多いですが、

競馬は投資ではなくギャンブルだということを

忘れないでくださいね。



趣味でやるのは良いと思いますが、

決して稼ぐためにやるものではありません。



それだけは

はき違いないようにして頂ければと思います。



投資で稼ぐならこちら