剣八です。



12月5日より始まった

パンダ渡辺こと渡辺雅典さんと

蝶乃舞こと高嶋美里さんのキャンペーンから、

「Dreamersアカデミー」の販売が始まりましたね。



ドリーマーズ

Dreamersアカデミー




特定商取引法に基づく表示

販売社名 株式会社スペースアイ

運営統括責任者 TOGAWA YUKI

所在地 東京都豊島区高田3-33-6-103




10億円の財産分与を行う




と言って始まったこのプロジェクトですが、

結局財産分与とはお金ではなく、

サイトを構築するためのシステムを提供する

というものでしたね。


ドリーマーズ1


ただこちらを見て頂ければわかりますが、

そのシステムの開発にかけたお金が6億円ですから

これでは10億円の財産分与ではなく、

6億円の財産分与

としか捉えられないのではないでしょうか。



わざわざ線を引いてまで

手持ちの資産10億円の一部を使いました

と強調してくれていますが、

この6億円が10億円の財産分与の一部と言うなら

まだ4億円足りませんよね。




また、

仮にこの6億円を投じたシステムが、

合計10億円の資産を築いてくれると

言っているのだとしても、このシステムが実際に

10億円を稼いでくれるかどうかはわかりません。



このシステムが、

すでに10億円を稼いできたシステムと言うなら、

まだ10億円を稼ぐ根拠や見込みはありますが、

これから10億円を稼ぎ出すと言うシステムを

100%で信用できるでしょうか?



このキャンペーンを主催している

パンダさんや蝶乃さんが、

実際にそのシステムを使って

10億を稼いだと言うならまだわかりますが、

そのエビデンスもないわけですし・・・




いずれにせよ10億円の財産分与は、

現時点ではまだ信用するに足りません。



つまり、

入ってみて実際に使って、実際に稼げた

という時が来ないことにはわからない

という状況ですね。



ある意味賭けのようなものです。



しかし、

仮に1人の人物が10億円を稼げたとしても、

残りの人物が稼げなければこれは参加者全員へ

財産分与を行ったとは言えません。



ちなみに、

最近DNAが運営していたキュレーションサイト、

WELQがニュースとして

取り上げられていたように、

キュレーションサイトは今逆境にあります。



http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20161212-OYT8T50096.html



こちらの記事を見て頂ければわかりますが、

不正確な医療記事や盗用などが問題視されていて、

キュレーションサイトの運営は今シビアになっています。



ですので、

キュレーションサイトを収益化するには、

まずその問題視されている点を把握し、

それに伴う対策ができているかが重要です。




果たして、

まともにキュレーションサイトを運営した

形跡のないパンダさんに、

その対策があるのでしょうか?



キャンペーンや販売ページの中では

そういった問題には触れていないようですが、

少なくともキュレーションサイトを運営している

と言うなら、そういう事実を伝えた上で

どのように対応していくか、

参加者や参加を検討している方へ伝えるべきです。



おそらくこのドリーマーズアカデミーへ

参加された方の中にも、今そういう問題があり

キュレーションサイトが逆境にあることを

知らない方も多いでしょう。



私も昨年から

キュレーションサイトは取り入れた方が良い

と口酸っぱく言ってきましたが、

それはあくまで「集客」における部分においてです。



私のキュレーションサイト推しは

今もなお変わりませんが、キュレーションサイトは

あくまで集客の媒体として捉えています。



フュージョンメディアアカデミー



実際に上記の記事を見て頂ければわかりますが、

キュレーションサイトは

あくまで集客の媒体として使い、

収益化はキュレーションサイトとは

別のサイトで行うことが、

キュレーションサイトの正しい使い方です。



それを理解した上で、キュレーションサイトを

どのように使い、どのように活かしていくかを

上記のフュージョンメディアアカデミーでは

学ぶ事ができます。



現段階でキュレーションサイト単体で

収益化しようなんて考えていては、

それこそいろいろな問題にぶち当たるし、

参考にしたサイトからもクレームが出るでしょう。



特に記事を参考にしておいて

自分のサイトに広告を貼ろうなんてことがあれば、

それこそクレームの対象となります。



要は、

参考にされる側も

自分の記事を使って収益化されているところに

腹を立てているということですね。



ただし、

学術論文にもとづいた正しい引用方法を行えば、

問題にはならないということもありますが。



もしその方法、ポイントが知りたい

と言う方がいましたら、

“ある条件”を満たしている方には教えますので、

直接ご連絡頂ければと思います。



というように、

キュレーションサイトの問題がある今、

ドリーマーズアカデミーで稼ぐことは厳しいです。




となれば、

10億円の財産分与もないに等しいでしょう。



以上がドリーマーズアカデミーに関する

私の見解になりますが、

このドリーマーズアカデミーへ参加するには

30万円の資金が必要です。



パンダさんは

10億円の財産分与を行うと言いながらも、

実際に財産分与を行うのは購入者側になります。



そして、

実際に30万円を支払い

ドリーマーズアカデミーへ参加すると、

以下の案内があります。





一軍スペシャル精鋭チーム



さらに、

この一軍スペシャル精鋭チームへ参加すると、

以下の案内が立て続けにきます。





アルティメットドリームクラブ



これらの金額は以下の通りです。



一軍スペシャル精鋭チーム:50万円
アルティメットドリームクラブ:120万円



アルティメットドリームクラブまで

参加したとすれば、

合計200万円をパンダさんと蝶乃さんへ

支払うということですね。



これが本当に「10億円の財産分与」と言えるのでしょうか?



財産分与どころか

200万円も支払わされているではないですか。


ドリーマーズ2


そもそもキュレーションサイトがあれば、

「アクセスも無限に増殖する」

と書かれていたので、それさえあれば

みな同等に稼げるのでは?



おそらく、


「これが最後のチャンスだ」

「30万円が私が今出せる限界だ」


と思い、ドリーマーズアカデミーへ

参加された方もいると思いますが、

後出しじゃんけんのように

こんな高額な商品が次々と出てくれば

たまったもんじゃありません。



しかし、

入ってしまった以上はもうやるしかありませんので、

その辺りは自己責任ということで

しっかりと取り組んでください。



ひとまず、

ここまでお金を支払わずとも稼ぐ道はあるので、

もしドリーマーズアカデミーへの参加を

検討している方は、もう1度冷静になって

現状を踏まえたうえで購入を検討してくださいね。



今回は、パンダさんが

キュレーションサイトに目を付けたところまでは

よかったと思いますが、

今の状況とそれを活かしきるだけの戦略が

整っていなかった

ということが不運だったというところです。